ホワイトペーパー

クラウドのメリットを損なわずに負荷が高い基幹システムをセキュア、高信頼、ハイパフォーマンスで稼働

日本オラクル株式会社 2022-07-21

デジタルビジネスへの変革が進むいま、IT基盤のクラウド化は、その初手として優先的に着手すべき経営課題となっている。一方で、これまで、多くの企業・組織では、運営の効率化・最適化を目指し、VMware製品を活用した仮想化によるIT基盤の統合を進めてきている。そうしたVMware仮想環境を、いかにクラウド上に移行するかは、今多くのIT部門を悩ませている問題だろう。そうした問題の解決策が、本資料にて紹介している、Oracle Cloud VMware Solution(OCVS)だ。そもそもOracle Cloud Infrastructure(OCI)は、クラウドの特長である柔軟性や俊敏性といったメリットを損なわずに、DBなどへの負荷が高いエンタープライズ・システムをクラウドでもセキュアかつ、高い安定性とパフォーマンスで稼働させられる事ができるように、一から設計・構築されたクラウドサービスだ。そして、OCVSは、そうした企業利用に高い親和性を持つOCIに、VMware製品で構築された環境を提供するサービスとなる。本資料では、OCVSについて、技術的な特徴やビジネス面でのメリット、さらにはライセンス体系や可用性向上、事業継続のための取り組みなど、様々な観点で解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]