編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

SAP ERPのサポート終了で注目すべき手法、JBCCが提示するアジャイル開発による変革

JBCC株式会社(HARMONIZE) 2022-07-28

SAP ERPのサポートが2025年に、一部のユーザーでは2027年に終了する。対応に必要なリソース確保を考えると待ったなしの状況だ。企業は、現状の評価を踏まえて最適な対応策を実行する必要がある。その際に、業務プロセスそのものの変革など、特に差別化が求められるシステムの開発において、従来のウォーターフォール型に代わり、アジャイル型が注目されている。
この資料では、アジャイル開発の課題も解決するJBCCの超高速開発による基幹システム再構築の概要を見ていく。高速開発ツールを用いることで、アジャイル開発にかかる期間を大幅に短縮し、メインフレーム依存から脱却できることを、技術面や導入事例の情報を交えて詳しく解説している。JBCCがSAPユーザーの状況に合わせて、SAP ERPのサポート終了に伴う対応を支援できることが分かる内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]