「携帯電話利用動向2005」を販売開始

ユーザのニーズや不満を浮き彫りに!

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年05月01日

Ns総研は、日経BPコンサルティングが2000年から定点的に調査した携帯電話利用調査の2005年版をまとめた資料「携帯電話利用動向2005」の販売を開始します。

報道関係者各位

平成18年5月1日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
             「携帯電話利用動向2005」の販売開始
      ~ユーザのニーズや不満を浮き彫りに!!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、日経BPコンサルティングが2000年から定点的に調査した携帯電話利用調査の2005年版をまとめた資料「携帯電話利用動向2005」の販売を開始します。

【詳細URL: (リンク ») 】


■■ 調査目的と背景 ■■

◆全国主要都市部1400人へ郵送調査を実施!
      2000年から定点的に調査した携帯電話利用調査、2005年度版!

3Gへの世代交代がいよいよ本格化し、携帯電話が様々な分野で可能性を持つ端末へと大きく変化し始めました。キラーアプリケーションがメールやカメラに集約された時代から、シンプルでスタイリッシュな端末が話題を呼ぶなど、消費者のニーズも「個別化」しているのが現状です。

本調査では、携帯電話の利用機能や頻度、買い換え頻度、購入理由や満足度、メーカーシェアなど、マーケティング活動に必要不可欠な基礎データの他、3Gの普及状況や定額制利用実態などの最新サービスの動向がわかります。ナンバーポータビリティの利用や携帯電話によるAV視聴など、今後注目される利用機能のユーザー動向を明らかにします。


■■ 調査資料の特徴 ■■

1.過去のデータとの比較が可能
 本調査は2000年7月から10回目を迎える定点調査。他社の調査では得られな
 い、過去の調査の一部を時系列で掲載しています。

2.新サービス、新機能の利用実態/意向がわかる
 音楽ダウンロードやテレビ電話、現金決済機能やナンバーポータビリティの
 利用意向など、最新サービス・機能の利用実態がわかります。

3.属性ごとにさまざまな分析が可能
 性別・年齢・職業・年収などの他、地域ごとの詳細な分析が可能。
 ターゲットとするマーケットの姿がデータによって浮き彫りになります。

4.携帯電話ユーザーの生の声が満載
 「携帯電話の不満点」「乗り換えたい理由」など、多数の自由意見を収録。
 ユーザーの生の声を新製品の立案にご活用ください。

5.郵送による全国規模の調査
 調査対象者は、全国主要5都市で20万枚を配布して募ったモニター。
 ウェブや携帯電話を使った調査とは違い、偏りの少ない回答者です。


また、本調査資料は以下の点を内容に盛り込んでいます。

●ナンバーポータビリティ利用動向は?
●3G普及実態は?
●定額制利用実態は?
●携帯電話は音楽プレーヤーにとってかわる?


■■ 調査概要 ■■

◆調査方法:郵送調査

◆調査対象者のサンプリング方法:
札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の順で携帯電話の意識を聞くアンケートハガ
キを合計20万枚、配布しました。ハガキは、携帯電話の保有の有無にかかわら
ず配布。また、年代性別も特に意識せず、ランダムに配布しました。調査協力
可能と回答を得た6888人を調査モニターとして、北海道在住、関東在住、近畿
在住、東海在住、九州在住で、各地域毎に男女比が50:50になるようサンプリ
ングしました。

◆回収数:858人


■■ 調査項目の詳細 ■■

■利用している携帯電話の種類
・携帯電話・PHSの所有状況
・現在使っている携帯電話について
 通信事業者/ブランド名(キャリア名)、メーカー名、機種名(型番)、
 購入時期、携帯電話機の色、形状=折り畳み型・ストレート型・その他形状
・現在使っている携帯電話の分類
・携帯電話の買い替え頻度
・携帯電話を選んだ理由
 形状・外観・重量、画面・画像、音質、メール、Web・アプリケーション、
 その他性能・機能、料金、通信事業者(キャリア)・メーカー、その他
・携帯電話の利用金額
 合計金額、データ通信料(パケット代)、情報料(有料サイト代)
・契約している割引プラン


■携帯電話の通話・メール・コンテンツの利用状況
・1日の通話平均回数
・インターネットのコンテンツ閲覧有無
・現在使っている携帯電話の分類
・コンテンツの閲覧頻度
・よく見るコンテンツ
・直近1カ月以内の有料サイト利用有無
・直近1カ月以内に利用した有料サイトのジャンル
・待ち受け画面に使っている画像
・着信音に使っているもの


■携帯電話にダウンロードできるアプリケーションの利用動向
・利用している携帯電話のアプリケーションの利用状況
・アプリケーションの使用頻度
・保存しているアプリケーションのジャンル
・保存しているゲームの利用


■携帯電話に内蔵したカメラや外部メディアについて
・内蔵しているカメラの画素数
・静止画の撮影頻度
・動画撮影機能の有無
・動画撮影の頻度
・外部メディアの使用有無
・次回の買い替える際のカメラ性能


■携帯電話の満足度
・現在使っている携帯電話の満足度
 通話、メール、Web、その他の機能、携帯電話機、料金、総合評価
・現在使っている携帯電話の不満点(自由記入)
・携帯電話機能の利用実態と意向(利用したことがある、今後利用したい、
 不要)
 カード入替による複数端末の使い分け、カーナビ機能、海外使用、
 テレビ放送の視聴、ラジオ放送の視聴、録画したテレビ番組を見る機能、
 PCから音楽を移して聴く、音楽をダウンロードして聴く、QRコードを
 読み取る、テレビ電話をする、指紋認証の機能、ポイントカードや会員証
 としての機能、切符や定期券として使える機能、現金の代わりに買い物が
 できる機能、家の鍵になる機能、赤外線でデータをやり取りする機能、
 エクセル・ワードが読める機能、PC向けのホームページも読める機能、
 トランシーバー機能、携帯電話でできたらよいこと(自由記入)
・ナンバーポータビリティ制度について
 認知、乗り換え意向、乗り換え先のキャリア、乗り換えたいと考えた理由
 (自由記入)


■パソコンやデジタル機器について
・自宅PCからのインターネット利用状況
・通勤・通学・外出時の音楽の視聴
・外出時に利用する音楽機器
・所有しているデジタル機器


【詳細URL: (リンク ») 】


■■ 概要 ■■

商 品 名:携帯電話利用動向2005
発 刊 日:2005年6月
判  型:A4版・約150頁
発  行:株式会社日経BPコンサルティング
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
頒  価:■製本+CD-ROMのセット
      315,000円(税抜 300,000円+消費税 15,000円)別途送料500円

【詳細URL: (リンク ») 】

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらよりお申し
込みいただく形となります。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!