「3.5/3.9G/4Gサービスの最新動向 (3)」の販売開始

~いよいよ3.5Gが開始、2009年以降には3.9Gや4Gも~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年08月10日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は、エムレポートが、携帯電話事業者各社のサービスや動向について分析してまとめた調査資料「3.5/3.9G/4Gサービスの最新動向 (3)」の販売を開始しました。 【詳細URL: http://shop.ns-research.jp/3/1/7349.html 】

報道関係者各位

平成18年8月10日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研
     「3.5/3.9G/4Gサービスの最新動向 (3)」の販売開始
      ~いよいよ3.5Gが開始、2009年以降には3.9Gや4Gも~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は、エムレポートが、携帯電話事業者各社のサービスや動向について分析してまとめた調査資料「3.5/3.9G/4Gサービスの最新動向 (3)」の販売を開始しました。

【詳細URL: (リンク ») 】


■■ 調査概要 ■■

■NTTドコモが8月下旬からHSDPA方式サービスを開始

いよいよNTTドコモが2006年8月下旬から、下り最大3.6MbpsのHSDPA方式サービスを開始する。一方、3Gサービスの展開では他事業者に後れを取ったボーダフォンも秋にHSDPA方式サービスを開始させる計画だ。新規参入事業者のイー・アクセスは2007年3月からHSDPA方式のデータ通信サービスを開始する。
 さらにKDDIも下り最大3.1MbpsのCDMA2000 1xEV-DO(Revision.A)方式への拡張を計画している。また、NTTドコモが2007年度にはHSDPA方式の上り速度を高速化させた、HSUPA方式サービスを開始する計画だ。

■すでに海外市場ではHSDPA方式サービスを開始済み

海外市場をみると、日本国内におけるHSDPA方式サービスの開始は決して先駆的なものではない。カード型端末によるデータ通信サービスとはいえ、すでに英Manx Telecomが2005年11月から英国マン島でHSDPA方式サービスを開始している。さらに2006年5月にはフィリピンGlobe Telecomもカード型端末によるデータ通信サービスを開始させた。音声通話にも対応したHSDPA方式サービスはSK Telecomが5月から開始し、KT Freetelも6月には提供を開始したが、下り最大1.8Mbpsにとどまっている。

■2009~2010年に3.9Gサービスを導入

下り100Mbps、上り50Mbpsの通信速度を実現するSuper3Gが、2009年から2010年にかけてNTTドコモから開始される見込みだ。現在、3GPPがSuper3Gの標準化作業を進めており、2007年10月頃には主な仕様を策定する見込みとなっている。
 なお、KDDIも2009~2010年にEnhanced cdma2000方式を導入見込みだ。

■4Gシステムの国際呼称がIMT-Advancedに決定見込み

国際電気通信連合(ITU)のワーキング・グループが2005年10月に、4Gシステムの国際呼称をIMT-Advancedにする勧告案をまとめた。同グループは2006年夏頃に正式決定を行う見通しで、2010年の国際標準化を目指している。
 また、ITUは2007年の世界無線通信会議において、4G向け利用周波数帯などを決定する方針だ。


■■ キーワード ■■

■HSDPA方式は8月下旬に開始
NTTドコモが2006年8月下旬から下り最大3.6MbpsのHSDPA方式サービスを開始する。

■3.9Gサービスは2009年以降に導入見込み
NTTドコモのSuper3G、KDDIのEnhanced cdma2000方式は2009年以降に導入見込みだ。

■4Gの国際呼称がIMT-Advancedに
国際電気通信連合(ITU)のワーキング・グループが2010年の4G国際標準化を目指す。


■■ 3.5Gサービスの動向 ■■

■2006年末までにHSDPA方式ネットワーク数が100を突破

携帯電話関連の業界団体であるGlobal mobile Suppliers Association(GSA)が2006年5月30日に、HSDPA方式ネットワークに関する調査結果を発表した。調査によれば、2006年末までに商用と構築中のHSDPA方式ネットワーク数は100に達し、49ヶ国/地域で利用可能になるという。


■■ 目次 ■■

要約
キーワード

1.市場概況
 NTTドコモが8月下旬からHSDPA方式サービスを開始
 すでに海外市場ではHSDPA方式サービスを開始済み
 2009~2010年に3.9Gサービスを導入
 4Gシステムの国際呼称がIMT-Advancedに決定見込み

2.3.5Gサービスの動向
 2006年末までにHSDPA方式ネットワーク数が100を突破
 NTTドコモの動向
 KDDIの動向
 秋からHSDPA方式サービスを開始するボーダフォン
 イー・アクセス(イー・モバイル)の動向
 海外事業者の動向
  【アジア事業者】
  【欧州事業者】
 日本電気(NEC)の動向
 6月に3.6MbpsのHSDPA方式通信実験を実施したNokia
 米Motorolaの動向
 Samsung Electronicsの動向
 7月に米Cingular WirelessへHSDPA方式端末を供給したLG
 2月に折り畳み型HSDPA方式端末を発表した独BenQ Mobile
 Ericssonの動向
 HSDPA方式網拡張に選定
 加Nortel Networksの動向
 05年12月にカード型端末の販売を開始した加Sierra Wireless
 05年6月に上海市でのHSDPA方式実地試験を完了した米Lucent
 米QUALCOMMの動向

3.3.9Gサービスの動向
 NTTドコモの動向
 05年5月にEnhanced cdma2000の標準規格策定で合意

4.4Gサービスの動向
 NTTドコモの動向
 4Gの中核技術にSDMA方式を位置付けているKDDI
 3月に日中韓が4G共同研究で合意
 05年10月に4Gシステムの国際呼称がI MT-Advancedに
 05年8月に中国の科学技術部と4G分野での覚書に調印
 中国の動向

5.関連リンク
  表:関連リンク1(米Airvana~Vodafone Group、五十音順)
  表:関連リンク2(イー・アクセス~ルネサス テクノロジ、五十音順)

詳細目次は弊社ホームページにてご覧ください。
【詳細URL: (リンク ») 】


■■商品概要■■

資 料 名:「3.5/3.9G/4Gサービスの最新動向 (3)」
発 刊 日:2006年8月1日
発  行:エムレポート
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
判  型:A4版・37頁 PDFファイル
頒  価:26,250円(本体価格25,000円+消費税1,250円)

【詳細URL: (リンク ») 】

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 津幡 靖久
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運用、
       顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホー
       ル情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、受
       託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援サービ
       スなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒112-0004
      東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
      TEL:03-5805-9126 / FAX:03-5805-9036
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■
〒112-0004
東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
TEL: 03-5805-9127 / FAX: 03-5805-9036
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?