オウケイウェイヴ、官公庁市場へ本格参入

株式会社ドーンと業務提携し、FAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」を官公庁市場に拡販

株式会社オウケイウェイヴ 2006年03月02日

FAQソリューションの提供、Q&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)は、地理情報システム(GIS)の開発・販売を行う株式会社ドーン(代表取締役社長:滝野秀一、本社:兵庫県神戸市)と業務提携し、地方自治体を中心とした官公庁市場へ本格的に参入いたします。

このたびの業務提携は、総務省が推進する電子政府・電子自治体のIT活用による行政運営の効率化及び透明性の向上、国民の利便性の向上を図る新しい行政サービスの提供という目的に沿ったものです。当社のFAQソリューションを、地方自治体へのGISソリューション提供で実績のあるドーンが販売することを柱に、今後、2社の持つノウハウを融合した新たな自治体向けサービスの実現に向けて協業していく考えです。

当社が開発・運用するFAQソリューションの「OKWave Quick-A」は、FAQ(よくある質問とその回答)の作成・編集・承認・公開まで一連のワークフローを実装したFAQ作成管理ツールです。FAQの更新等に関わる作業がWEBブラウザ上で、特別なプログラムを使用せずに可能である為、自治体職員によるメンテナンスが容易に実現できます。
例えば、住民からのよくある質問に対する回答(FAQ)を担当者が作成し、各所の承認を得てサイト上に公開するまでに、導入前は10日前後かかっていた作業が、導入後は1日~2日と大幅に短縮することが可能です。これにより、行政は住民の問合せに対し、きめ細やかに情報を提供することができます。

この業務提携により、ドーンは、2006年4月1日より、FAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」を月額のASP方式で、地方自治体を中心とした官公庁市場に販売します。「OKWave Quick-A」のASPサービスにより、地方自治体では、システム導入・運用コストを大幅に低減することができ、より高度な住民サービスを早期に実現することが可能となります。同様のサービスは、高価格なナレッジマネジメントシステムやコンテンツマネジメントシステム等を導入する一部の先進的な自治体以外には存在しないことからも、2社では需要が高いものと見込んでいます。

■FAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」(クイック・エー)について
FAQ作成・管理ツール。「FAQ Management」にのっとり、FAQの作成・編集・承認・公開まで一連のワークフローが機能として実装されています。FAQの更新等に関わる作業がブラウザ上で、特別なプログラムを使用せず可能である為、HTMLの知識がない担当者でもFAQをメンテナンスすることが出来ます。国内大手企業を中心に180社以上の採用実績を持ち、2005-2006 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)受賞ソフトウェアを受賞しています。

■株式会社ドーンについて
(リンク »)
株式会社ドーンは地理情報システム(GIS)構築用ソフトウェアであるGeoBaseの開発及びライセンス販売、GIS関係のソフトウェアの受託開発、地方自治体向けに地図配信サービス事業等を展開しております。GeoBaseについては、現在、約300社のSI事業者等とライセンス契約を締結しており、GeoBaseを用いて構築したGISアプリケーションソフトウェアは、多くの地方自治体やインフラ事業者で導入いただいております。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
株式会社オウケイウェイヴはQ&Aサイト「OKWave」(会員約49万人、1億PV /月)を運営しています。またその運営ノウハウを応用したFAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A型ナレッジ活性化ソリューション「OKWave ASK-OK」の開発・販売をしております。そのほか「FAQカレッジ」の開催や「FAQ Management」の提供を含め、現在では180社以上の企業に各種サービスを導入いただいております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!