EDS、インドITサービス大手のエムファシス社の買収完了

EDS Japan 2006年07月07日

EDSジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ケリー・パーセル)は、EDS(本社:テキサス州プレーノ、CEO:マイケル・ジョーダン)が、インドのエムファシス社(MphasiS BFL Limited, 本社:インド・バンガロール、以下、エムファシス社)の発行済み株式の約52%にあたる8,300万株(一株204.5ルピー、時価総額 約3億8,000万ドル相当)を現金で取得し、買収を完了した事を発表しました。

エムファシス社はインドにおけるアプリケーション及びビジネスプロセス・アウトソーシング(BPO)を中心としたITサービスのリーディング・カンパニーです。昨年度の年間総売上げは約2億1,000万ドル、純利益は約3,300万ドルで、オフショアのIT及びBPOサービスプロバイダーとして最も成長を遂げているインド企業の1つです。業界知識、専門技術、顧客との関係構築を通じて特に金融業界に対するサービス分野で強みを持ち、過去5年間で売上げを4倍に伸ばしました。

また、世界に12,000人の従業員(インド国内に約11,000人)を抱え、拠点は世界9カ国に25箇所、うちアジアではインドのほか日本、シンガポール、中国などにオフィスを構え、200社を超える顧客にサービスを提供しています。サービス別の売上げ構成比は、ITサービス 68%、BPOサービス 32%となっています。インド、中国にあるエムファシス社のソフトウェア開発センターを活用したオフショア開発を中心としたITサービス、また、インド、メキシコを拠点としたBPOサービスに強みを発揮しています。今日に至るまで、金融、運輸、テクノロジー、ヘルスケアなど様々な業界にビジネスを展開し、米国のトップ5の銀行をはじめとする世界のリーディング・カンパニーにサービスを提供するなど、とくに金融分野で強みを発揮しています。

エムファシス社は、買収後も現在のマネジメントチームのもと、現在の社名のまま事業を継続します。また、ジェリー・ラオは、買収後も引き続きCEOとしてエムファシス社を指揮します。

エムファシス社は、2000年に日本にオフィスを開設。以来、金融、ハイテク分野の企業に対して高度なITサービスを提供してきました。現在、EDSジャパンとそのグループ会社のジャパンシステム株式会社(本社:東京都世田谷区)は、「One Japan」(日本国内における一体化)をスローガンに、これまでにも増して協業体制を確立する作業を進めています。今後は、エムファシス社とも連携しながら、オフショア・ソリューションを中心に新たなサービスメニューの開発や、国内企業のオフショア支援などを進める予定です。

EDSジャパンの代表取締役社長、ケリー・パーセルは次のように述べています。
「今回の発表は、アジア市場のにおける我々のオフショア・デリバリの可能性を大きく広げるだけでなく、EDSが日本国内で一体となって絶えず変化する顧客ニーズに応えるための、より強固なバリュープロポジションを可能にするものです。今後、EDSジャパンはエムファシス社と協力しながら、アジアへのオフショア開発を検討している国内企業を強力にサポートできる体制を構築します。」

今回の買収は、EDSグローバルのオンショア、ニアーショア、オフショアの各ロケーションから高品質でコスト競争力の高いサービスを提供するための、「EDS グローバル・ベストショア・デリバリ戦略(EDS’Global Best Shore <SM> delivery strategy)」の一端を担います。EDSは、現在、インド国内の3,000人以上の従業員に加え、27のベストショアカントリーに約16,000人の従業員を配置しています。今回のエムファシス社の参画と事業拡大計画により、EDSのインド国内における人員は、今年末までに関連会社含め20,000人を超えることが予定されています。

用語解説

■EDS、ならびにEDSジャパンについて
EDS (ニューヨーク証券取引所:EDS) は40年以上前にITアウトソーシング・サービスの基礎を世界に先駆けて築いて以来、世界屈指のITサービス会社としてお客様にビジネス・ソリューションをお届けしています。現在、製造、金融、ヘルス・ケア、コミュニケーション、エネルギー、運輸、消費財、小売業界や官公庁など、世界各国にわたるお客様にITOやBPOの幅広いサービスを提供しています。また、2005年には200億ドル以上の売上を計上しています。詳細は(www.eds.com)をご覧ください。
EDSジャパンは、EDSの全額出資会社として、1986年に設立され、金融、製造、自動車、小売/流通などの様々な企業や官公庁に、アウトソーシングならびにITシステム構築などのサービスを提供しています。関連会社にジャパンシステム株式会社あります。従業員数は約1,000名です。詳細は(www.eds.co.jp)をご覧ください。

■報道関係者お問い合わせ先:
EDSジャパン
マーケティング&コミュニケーション
小畑、杉田
Tel: 03-3797-8811/Fax: 03-3797-8815

株式会社パブリシス(EDSジャパンPR代理)
竹村、竹内
Tel: 03-5719-8901/Fax: 03-5719-8919  
Email: eds@publicis.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!