編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セブン-イレブン、EDSとエンタープライズアプリケーションおよびインフラ管理契約を更新

CNET Japan Staff

2007-04-13 02:32

 EDSは4月10日、7-Elevenとエンタープライズアプリケーションおよびインフラストラクチャ管理に関する契約を更新したことを発表した。

 この契約は、ビジネスニーズや業務プロセスの変更に合わせてアプリケーションポートフォリオを柔軟かつ容易に管理することを目的としたもの。EDSでは、現在も7-ElevenのITポートフォリオとビジネス戦略の連携に貢献している。

 7-Elevenのビジネス戦略は、品目ごとの管理を通じてオペレーション、販売促進、会計、プランニング、情報システム領域における生産性を向上し、フランチャイズ店のオーナーや管理者に商品選択の意思決定を任せることを目指している。

 今回の契約では、「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」フレームワークに準拠。ITILは、7-Elevenのような企業組織の生産性向上を目的に、ITサービスの提供や運用に関するベストプラクティス手法とプロセスを標準化している。

 EDSは15年以上、7-ElevenにITサービスを提供しており、販売、在庫、購買、会計領域のあらゆるシステム連携を実現し、統合されたエンタープライズソリューション構築を支援している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]