EDSジャパン、SAPジャパンとソリューションプロバイダー契約を締結--担当要員を2倍以上に

ニューズフロント

2006-08-01 17:35

 EDSジャパンは8月1日、SAPジャパンと「ビジネス・ソリューション・プロバイダー契約」を結んだと発表した。これにともない、EDSジャパンは、SAP製品の導入を主に担当する技術者やコンサルティング要員を2倍以上に増やす。

 EDSジャパンは、すでにSAPジャパンから「サービス・パートナー」の認定を受けており、SAP製品の導入やシステム統合を支援するパートナー企業として、コンサルティングサービスなどを提供してきた。

 今回、新たにビジネス・ソリューション・プロバイダー契約を締結したことで、EDSジャパンはSAP製ソフトライセンスの販売を通じて顧客支援を行えるようになった。EDSジャパンでは、「SAPジャパンの製品、並びにその技術基盤を戦略的なビジネスソリューションと位置付け、これまで以上に協業関係を強化する」としている。

 また、EDSジャパンの親会社である米Electronic Data Systems(EDS)は、ドイツSAPから「ビジネスプロセス・アウトソーシング(BPO)」および「プロバイダー・コンピテンシー・センター(PCC)」という2分野で、パートナー認定を取得した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]