編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日立システム、SAPジャパンとサービスパートナー契約を締結

CNET Japan Staff

2006-04-05 23:49

 日立システムアンドサービス(日立システム)は4月5日、中規模企業向けのERPソリューション提供を加速するために、SAPジャパンとサービスパートナー契約を締結したことを発表した。契約は2006年4月1日に完了している。

 SAPサービスパートナーは、SAPソリューションの導入やインテグレーションをサポートするSAPジャパン認定のパートナー企業プログラム。日立システムでは、上流コンサルティングから、業務プロセス/ソリューションコンサルティング、システムコンサルティングなどのサービス提供を通じ、顧客企業に戦略的ビジネスコンサルティングを提供していく。

 今回の契約で日立システムは、同社が提供するEPM(Enterprise Performance Management:企業パフォーマンス管理)ソリューションや DCM(Demand Chain Management)ソリューションなどの周辺ソリューションを含め、企業の基幹システム構築における総合的なソリューション提供体制を確立したい考えだ。

 これまでは日立グループのメンバーとして日立グループの顧客に対して行ってきたSAP関連ビジネスを、中規模企業を主なターゲットとして独自に展開する。ERP関連ソリューションの開発も含め、2008年度に約20億円の受注を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]