編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立システムとシスコ、セキュリティソリューションで協業

WebBCN (BCN)

2006-02-08 11:13

 日立システムアンドサービス(日立システム、中村博行社長)は2月7日、シスコシステムズ(黒澤保樹社長)と協業し、セキュリティ脅威管理ソリューションの提供を開始で合意したと発表した。

 今回の協業合意を受け、日立システムではセキュリティ脅威管理ソリューション「CS-MARS」の販売を開始した。「CS-MARS」は米シスコが開発したセキュリティ監視機器「CS-MARS」を使って、セキュリティ脅威の管理を行うソリューション。「不正アクセス情報の相関分析」「異常検出」「被害の拡散防止の自動化機能」などを統合しており、ネットワークへの攻撃を識別や管理、排除できる。

 今後は、不正アクセスを追跡し、証拠能力を保持した分析レポートを作成するソリューションやネットワーク上で不正アクセスが発生した場合の緩和措置、緊急対策を提供するソリューションなど、セキュリティ脅威管理に関するサービスを今後拡大していく計画。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]