編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

セブン-イレブン・ジャパン、Oracleデータベース採用の店舗システムを全国展開完了

CNET Japan Staff

2006-11-02 01:43

 日本オラクルは10月31日、セブン-イレブン・ジャパンの第6次総合情報システムを「Oracle Database 10g」で刷新し、全国1万1454店舗(2006年9月末現在)への展開を完了したと発表した。

 セブン-イレブンでは従来、店舗ごとに蓄積された販売・発注データをデータセンターに転送し、オラクルのデータベースで構成された統合データウェアハウス内で集中管理していた。今回のシステム稼働で、15テラバイトにおよぶOracle Database 10gで統合データウェアハウスを刷新し、新たに各店舗の立地条件、周辺の施設データを加え、立地別/施設別の販売動向分析を可能にした。

 店舗では、従業員が携帯型の発注端末によって、Oracle Database 10gが搭載された店舗内「ストア・コンピュータ」に蓄積されたデータを、無線LANを介して閲覧できる。新システムでは、販売データ、商品情報、天気予報、地域の催事情報を効率よく手元で閲覧できるようになったという。

 システムは、Oracle Database 10gをデータ基盤とし、本部システムにある「Oracle Partitioning」で大量データを扱える仕組みを整えた。さらに「Oracle Real Application Clusters」と「Oracle Data Guard」により、耐障害性を向上させ、スタンバイ・サイトによる災害対策も行った。

 採用のポイントは、本部システムで利用していたOracleデータベースの実績をはじめ、高い処理能力、Oracle Real Application ClustersとOracle Data Guardの安定性・高信頼性など。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]