シーゲイト社、LG社のハイビジョンプラズマTVにCE向けドライブを提供

DB35シリーズがコンテンツの一層の充実と録画機能を向上

日本シーゲイト株式会社 2005年10月11日

デジタル家電市場において、ハードドライブを搭載することによって、大きな容量を持つ娯楽作品を録画、保存できる機能が急速に普及している中、シーゲイト社は本日、デジタル家電のトップメーカーであるLG社が、同社の高解像度デジタルビデオレコーダー(HD-DVR)を内蔵した世界初のプラズマ統合ハイビジョンテレビ(HDTV)にシーゲイト社のハードドライブを組み込むことを発表しました。

【2005年10月11日】デジタル家電市場において、ハードドライブを搭載することによって、大きな容量を持つ娯楽作品を録画、保存できる機能が急速に普及している中、シーゲイト・テクノロジー社(本社:米カリフォルニア州スコッツバレー、NYSE略号:STX、以下シーゲイト社)は本日、デジタル家電のトップメーカーであるLG Electronics社(以下、LG社)が、同社の高解像度デジタルビデオレコーダー(HD-DVR)を内蔵した世界初のプラズマ統合ハイビジョンテレビ(HDTV)にシーゲイト社のハードドライブを組み込むことを発表しました。このデジタル家電向けハードドライブ「DB35シリーズ」の採用により、LG社は、プラズマHDTVの高画質大画面と、ストレージ負荷の高いHDTV番組のキャプチャ、タイムシフト、保存のための卓越した柔軟性を活かした製品を提供できるようになりました。

LG社のPY2DRシリーズには50インチと60インチの2モデルがあり、プラズマHDTVと、超薄型キャビネットに組み込まれた強力な160GB HD-DVRが統合することができるあらゆる利点を備えています。この最新のデジタルケーブル対応プラズマHDTVは、デジタルハイビジョン番組の場合は最高14時間、標準デジタル番組の場合は最高62時間までの番組を保存することができます。新しいワイド画面プラズマDVRには、1時間間隔で連続録画ができる自動タイムシフト機能が搭載され、他にも、スロー巻き戻しや早送り機能、そしてインスタント再生機能も備わっています。また、非常にユーザフレンドリーで、録画済みのプログラムの整理や、お気に入り番組の繰返し録画の設定も簡単に行うことができます。

シーゲイト社のDB35シリーズは、ストレージ容量、ビデオパフォーマンス、信頼性、静音性を最適に組み合わせて提供されます。シーゲイト社のDynaPlay技術をDB35シリーズに組み合わせることにより、最高10個までのストリームをTV上に同時に流したり、最適なDVRパフォーマンスに合わせてメーカーがドライブをカスタマイズしたりすることができます。この画期的な機能セットにより、ドライブを最適化して、ビデオパフォーマンス、消費電力の制御、コンテンツのセキュリティを改善することができます。また、このドライブは、シーゲイト製品ならではの長期にわたる信頼性を発揮し、長期にわたり安心できるDVR動作を提供しています。

LG社のDTV開発グループ主任研究員、Kwan-Seung Baek氏はこのように語っています。「DVRをHDTVと一体化するためのLG社が求める要件を満たすシーゲイト社独自の設計プロセスおよびサービスを通して、LG社とシーゲイト社は、クラス最高のシーゲイト社ハードドライブを今回の革新的な製品に搭載するために緊密に協力してきました。LG社は、1年前、PY2DR製品ラインを米国市場に投入して注目を浴び、米国のデジタルディスプレイの市場情勢を変えるほどの影響を与えました。当社は、これに続き、160GB DVRを組み込んだ60PY2DR(60インチ)、50PY2DR(50インチ)の2種類のプラズマHDTVによって、受賞実績を持つPY2DRのラインをさらに広げることができました」

シーゲイト社のデジタル家電ビジネス開発担当上級副社長、Pat O'Malleyは次のように語っています。「シーゲイト社のCE向けハードドライブは、LG社のようなCEメーカーが求める静音性、低消費電力、信頼性、トップクラスのビデオ・ストリーミング・パフォーマンスといった特長を備えています。LG社の新製品は、成功を収めたテクノロジーとエンジニアリングのコラボレーションの成果です。このようなコラボレーションを通して、シーゲイト社が、デジタルホームエンタテイメントの世界をさらに進化させる最先端テクノロジーを提供し続けていることが明確に示されたと言えます。今後も、シーゲイト社はLG社のような革新的な企業と強力な協力関係を築き、業界で最も幅広いハードドライブソリューションはもちろん、シーゲイト・デザイン・サービス・センター(DSC)が提供する総合的なパートナーサポートによって、CEストレージでの第一人者という地位を強化していく意向です」

LG60PY2DRと50PY2DRについて

LG社製品: 60インチおよび 50インチのプラズマ統合HDTV /内蔵DVR
製品の特長: HDTVのDVR機能。映画、音楽、その他のコンテンツを保存できます。
HDD: シーゲイト社製DB35シリーズ160GBハードドライブ
製品の仕様: ATSC/NTSC/QAMクリアチューナー
デジタルケーブル対応(CableCARDT)
画面に表示されるTVガイド
9-in-2マルチメモリカードリーダー
LG社製専用XDTエンジン
HDCP対応HDMI
DTVリンク付きIEEE 1394
コントラスト比5000:1
1366 x 768p解像度


■LG Electronics社について
LG Electronics社は、革新的なデジタル製品とサービスを通して世界中のお客様を幸せにできる、真のグローバルデジタルリーダーになるという21世紀のビジョンを追求しています。LG社は中長期ビジョンを新たに策定し、2010年までにエレクトロニクス、情報、および電気通信業界の分野で世界トップ3に入ることを目指しています。

■シーゲイト社について
シーゲイト社は、エンタプライズ、PC、ノートブック、およびコンシューマーエレクトロニクス(CE)製品向けにハードディスクドライブを設計、製造、販売する世界のトップ企業です。当社は世界中で急増する情報ストレージ需要を満たすため、定評ある製品、顧客サポートおよび信頼性の提供を理念としています。シーゲイト社は世界各地で事業展開しているほか、www.seagate.com (英語)、www.seagate.co.jp (日本語)でも情報提供しています。

シーゲイトおよびシーゲイト・テクノロジーは、Seagate Technology LLCの登録商標です。シーゲイトのロゴマーク、DB35シリーズ、およびDynaPlay は、Seagate Technology LLCの商標または登録商標です。その他のブランドおよび製品名は、各所有者の商標または登録商標です。1ギガバイトおよびGBは、ハードディスクに言及する時には10億バイトを意味します。アクセス可能な容量はオペレーティング環境やフォーマットにより異なります。ここに記されているさまざまなアプリケーション向けの容量は参考を目的としたものです。実際の容量は、ファイルサイズやフォーマット、ソフトウェアの特長やアプリケーションにより異なります。

###

《本件に関するお問い合わせ先》
●日本シーゲイト株式会社
コーポレイトコミュニケーション 藤森 英明
Tel: 03-5462-2327
Fax: 03-5462-2978
E-mail: Hideharu.Fujimori@Seagate.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本シーゲイト株式会社の関連情報

日本シーゲイト株式会社

日本シーゲイト株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR