DAL、中堅・中小企業向けB2Bソフトの最新版「ACMS Lite V1.2」を発売

次世代EDIの国内流通業界標準JEDICOS-XMLメッセージ交換手順をサポート

株式会社データ・アプリケーション 2005年12月20日

株式会社データ・アプリケーション(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:橋本 慶太、以下DAL)は、B2B(企業間電子商取引)システム向けの低価格なソフトウェア「ACMS Lite」の最新版「ACMS Liteバージョン1.2」を発表いたします。

ACMS Liteは、中堅・中小企業向けのB2Bシステム用のソフトウェアで、JCA手順や全銀手順などを利用した従来型EDI(電子データ交換)とインターネットをベースとした次世代EDIの双方で利用可能です。
B2Bシステムを構築する上で不可欠な標準プロトコルへの対応やデータ変換機能、スケジューリング機能、ジョブ管理機能などを提供し、中堅・中小企業での利用を想定しての導入のし易さや操作性、低価格を重視したソフトウェアです。

最新版のACMS Lite バージョン1.2では、新たに企業間電子商取引に関する最新の国際標準仕様である「ebXML メッセージサービス仕様 (ebXML MS)」(※1)および「SOAP-RPC」(※2)をベースとしたJEDICOS-XML(※3)メッセージ交換手順をサポートしました。
今回の実装では、サーバ・サーバ型(S-S型)とクライアント・サーバ型(C-S型)メッセージ交換モデルをサポートし、販売・仕入双方の業務に対応でき、中堅・中小企業を中心に幅広いレンジで利用することができます。

インターネットを利用した企業間電子商取引が世界規模に広がるにつれて、EDI(電子データ交換)プロトコル、メッセージ体系、商品コード体系や、ビジネス・プロセスなどを共通化し、セキュリティが高く、一環した電子ビジネス情報を世界規模で使用可能にする基盤を実現しようとする動きが活発になっています。
DALは、EDIを中心にデータ交換やシステム連携分野で、信頼性の高いパッケージ・ソフトウェアを自社で開発するとともに、これらを低価格で提供する国産ソフトウェア・ベンダとしてリーダーシップを確立してきました。
今後も、国際標準・業界標準への対応の取り組みを積極的に継続し、各業界の業務効率化と顧客に対するサービス品質向上に貢献する、信頼性と安全性の高いシステム基盤の提供に努めます。

ACMS Liteバージョン1.2の販売価格は、従来通り以下の価格にてDALのビジネス・パートナー56社を通じて販売いたします。

Standard Edition 94,500円(税込)~
Enterprise Edition 420,000円(税込)~

◆株式会社データ・アプリケーション(DAL)について
(リンク »)

DALは、1992年に最初のUNIX向け製品をリリースして以来、特にEDIを中心にデータ交換やシステム連携分野において、信頼性の高いパッケージ・ソフトウェアを自社で開発するとともに、これらを低価格で提供する国産ソフトウェア・ベンダとしてリーダーシップを確立してきました。DALのソフトウェア「ACMS(Advanced Communication Management System)シリーズ」は、すでに800社2,000サイトを越える企業のミッションクリティカルなシステムで稼働しています。ACMSシリーズは、メインフレームからPCまで、プラットフォームに依存しないJavaベースで開発されており、企業情報システムと連携したB2B環境を容易に構築可能な「ACMS B2B」、システム/アプリケーション/ビジネス・プロセスを統合する「ACMS EAI」、WebEDIにおけるブラウザ操作を自動化する「ACMS WebAgent」など、約20種類の製品から構成されています。


<本件に関する問い合わせ先>
株式会社データ・アプリケーション
マーケティング本部 大澤健夫
Tel:03-5640-8544 Fax:03-5640-8541 
E-Mail:pr@dal.co.jp

用語解説

※1 ebXML MS
ebXML メッセージサービス仕様 (ebXML MS)は、インターネット上で、高速かつ安全なEDI環境を構築するための次世代EDI国際標準で、日本の小売・流通業界をはじめ、電機・電子部品業界(JEITA)では、実証実験を経て実用化・普及段階にきています。
ebXML MSは、リアルタイムのEDIメッセージングを実現、通常のファイル転送(文字情報)のほか、ファイル添付(Word/Excel/PowerPoint、PDF、CAD、画像、音声、動画など)による転送も可能です。

※2 SOAP-RPC(SOAP-Remote Procedure Call)
SOAP-RPCは、B2Bサーバの常時運用が困難な中小企業向けのプロトコルです。ebXML MSが、データ発生時にプッシュ型で情報を送信するサーバ方式であるのに対して、SOAP-RPCはプル型で、必要な時に任意のタイミングで、クライアントから起動して、センターサーバからデータを取得することができます。

※3 JEDICOS(Japan EDI for Commerce systems)-XML
(財)流通システム開発センターを中心に、既存の流通標準EDIメッセージに新規メッセージを追加開発し、且つ国際標準ebXMLやSOAP-RPCをベースにしたメッセージ交換手順を策定した次世代のXML-EDIの国内流通業界標準です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!