給与・賞与明細書配付のコストと時間を大幅に削減する給与明細インターネット自動配信システム「Web給金帳 V2」で、応研の『給与大臣』、弥生の『弥生給与』と連携する2商品を新発売!

株式会社インターコム 2006年01月17日

通信ソフトの開発メーカーである株式会社インターコム(〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5、TEL:03-3839-6231、資本金8,400万円、社長:高橋 啓介)はこのほど、給与・賞与明細書、源泉徴収票をペーパーレス化してインターネットで配信する給与明細インターネット自動配信システム「商品名:Web給金帳 V2(ウェブ キュウキンチョウ ブイツー)」シリーズに、市販給与ソフトとの連携を実現する2商品を新たに開発し、2006年1月30日より販売開始します。

今回、発売する新商品は次の2種類となります。
■応研(株)様の給与計算ソフト『給与大臣』と連携する「商品名: Web給金帳 V2 for 給与大臣」
■弥生(株)様の給与ソフト『弥生給与』と連携する「商品名: Web給金帳 V2 for 弥生給与」

実績のある市販給与ソフト『給与大臣』、『弥生給与』との連携バージョンをラインアップに加えることで、特に中小企業市場における「Web給金帳 V2」シリーズの販売を強化します。市販給与ソフトとの連携は、既に発売中の(株)オービックビジネスコンサルタント様の給与計算システム『給与奉行』、ピー・シー・エー(株)様の給与計算ソフト『PCA給与』と合わせて全4種類となります。

「Web給金帳 V2 for 給与大臣」、「Web給金帳 V2 for 弥生給与」では共に、給与・賞与明細書、源泉徴収票※を通常使用されている専用伝票イメージのままデジタルドキュメント(PDF形式)化して、インターネットやイントラネットを介して社員やパート、アルバイト等へ自動的に配付できます。プリンタでの複写印刷、封入、封かん、仕分け、配送などの作業がすべて自動化され、用紙の購入費や郵送費、作業にかかる人的経費の一切のコストを削減することができるようになります。総務・経理スタッフの作業負担が大幅に軽減するため、毎月の業務効率を確実にアップさせることが可能です。

「Web給金帳 V2 for 給与大臣」、「Web給金帳 V2 for 弥生給与」は、それぞれ『給与大臣』、『弥生給与』の各ソフトとの連携機能を搭載しています。毎月給与ソフト側で作成した給与明細データは、DBダイレクト連携やCSV連携で「Web給金帳 V2」側へ引き継ぎ、すぐに明細書に変換して社員へ配信することが可能です。そのため『給与大臣』、『弥生給与』のユーザーは「Web給金帳 V2」の導入が大変しやすくなっており、導入後すぐに明細書のペーパーレス化を推進できます。また、作業の流れが一目でわかる操作画面を用意し、初心者の方でもスムーズな運用ができるように工夫されています。

さらに「Web給金帳 V2」では、豊富な配布形態に対応していますので、事業所の環境や雇用形態に適した配付方法の選択が可能になります。会社や自宅のパソコンに対して給与明細ファイルを添付したメールの配信、専用Webサイトにログインして給与明細ファイルをダウンロード、または携帯電話に対する明細のメール配信や専用Webサイトからの参照などにより、明細書を受け取ることができます。オプションでは、従来通り専用伝票に印刷できる機能を追加できます。このような配布形態は従業員一人一人に対して複数設定することができます。例えば本社勤務の人はイントラネットによるWeb配信、支店や営業所、海外現地法人に勤務の人はパソコン向けメール配信、パソコンを使わないアルバイトやパートタイマーは携帯電話へのメール配信といったように、各従業員の希望や役職、部門、地域などで設定・変更ができます。ペーパーレス化をすべての従業員へ一斉導入することや部門、地域ごとに段階的に導入するなどの柔軟な対応が可能です。

セキュリティの面では、パソコン向けメール配信時の明細PDFファイルの暗号化とパスワードの付加、携帯電話からの閲覧時の通信データのHTTPS暗号化、サーバーへのアクセス期限の設定など、個人情報管理の面でも安心のセキュリティ機能を備えています。また、Webアクセスログの記録により個人情報保護法が企業に求める追跡性も確保しています。

「Web給金帳 V2 for 給与大臣」、「Web給金帳 V2 for 弥生給与」では、中小企業のデジタル化、ペーパーレス化の推進において、給与関連ドキュメントのペーパーレス化を実現することで、その一役を担うとともに、総務・経理部門の業務効率化とコスト削減を強力にサポートします。

※2006年度の税制改正で源泉徴収票についても電子交付が認められる見通し。

■商品概要/販売スケジュール

<ラインアップ>
・Web給金帳 V2 for 給与大臣(50クライアント~) ※連携ソフト:給与大臣2005 ERP
・Web給金帳 V2 for 弥生給与(50クライアント~) ※連携ソフト:弥生給与05/06

<価格>
定価 50クライアント 25万円(税別)~

<販売開始日>
2006年1月30日

<販売予定>
初年度300本

<動作環境>

●管理者側システム環境
◎OS: 日本語Microsoft Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000
◎コンピュータ本体: DOS/Vパソコン
CPU:推奨Pentium III 1GHz以上
◎メモリ: 推奨512MB以上
◎ハードディスク: 20MB以上の空き容量(データを除く)
◎PDF変換: 商品に標準搭載されている独自のPDFライターもしくはAbode Acrobat 5.0、6.0、7.0
※Acrobat 7.0 Elementsには対応していません。

●Webサーバー環境(Web配信利用時)
Perl 5.0以上、FTPサーバーが必要です。
※動作確認済Webサーバー: Apache 1.3(FreeBSD/Linux)、
Internet Information Services 6.0/5.0(Windows Server 2003/2000 Server)

●クライアント環境
【PC】
Adobe Readerが必要です。
Web配信利用時には、JavaScript、Cookieに対応したブラウザが必要です。
※動作確認済ブラウザ: Microsoft Internet Explorer 5.01/5.5/6.0、Netscape Navigator 4.7/6.2/7.1 他
【携帯電話】
NTT DoCoMo、au、Vodafone でインターネットにアクセス可能な機種。


<本商品に関する問い合わせ先>
株式会社インターコム
企業情報システム事業部
TEL:03-3839-6370

<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
株式会社インターコム
広報宣伝担当 池田 雅志、鈴木 修
TEL:03-3839-6775 E-mail:masashi@intercom.co.jp

<商品Webサイト>
(リンク »)

<商品写真データ>
(リンク »)


※interCOM、Web給金帳は、(株)インターコムの登録商標です。
※給与大臣は、応研株式会社の登録商標です。
※給与奉行は、株式会社オービックビジネスコンサルタントの登録商標です。
※PCAは、ピー・シー・エー株式会社の登録商標です。
※弥生は、弥生株式会社の登録商標です。
※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

用語解説

■株式会社インターコム 企業プロフィール

株式会社インターコムは、1982年の創業以来、パソコン向け通信ソフトウェア専門の研究開発型カンパニーとして、「まいと~く」、「FALCON」、「Biware」、「MegaBRIDGE」など数々の商品を生み出し、今日ではパソコン業界を通して“通信のインターコム”との評価をいただくほどになりました。
「Web給金帳 V2」シリーズは今回発売の2商品のほか(株)オービックビジネスコンサルタント様の給与計算システム『給与奉行』と連携する「Web給金帳 V2 for 給与奉行」、ピー・シー・エー(株)様の給与計算ソフト『PCA給与』と連携する『Web給金帳 V2 for PCA給与』の各パッケージおよび、汎用給与システム向けの「Web給金帳 V2 エンタープライズ 標準版/メール版」も好評発売中です。

URL: (リンク »)  

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インターコムの関連情報

株式会社インターコム

株式会社インターコムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?