「DataSpider Servista V2.0.2」をリリース

株式会社アプレッソ 2006年02月15日

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長 長谷川 礼司、以下アプレッソ)は、データ連携ミドルウェア「DataSpider Servista Version2.0.2」(以下 DataSpider Servista V2.0.2)をリリース、本日2月15日より販売・出荷を開始いたします。

アプレッソでは、昨年10月に発売を開始した新製品「DataSpider Servista」の機能強化を順次精力的に行なっており、最新のプラットフォームへの対応とパフォーマンス強化は重要な課題として捉えています。この度のリリースでは、主にWindows Server 2003 64bit環境を新たにサポートプラットフォームとして追加、パフォーマンスに関してもさらなる向上を目指しOracleならびにDB2UDB Adapterのローダーにも対応、コンポーネントや生産性向上のための機能も追加しています。

さらに、主要アプリケーション対応として、SAP Adapter及びDr.Sum Adapterのリリースも開始いたします。特にSAP AdapterはJava Connector経由の接続による新方式を採用しています。

●サポートプラットフォームの追加
Windows Server 2003,Standard Edition 64bit(x86)
Windows Server 2003,Enterprise Edition 64bit(x86)
Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
Red Hat Enterprise Linux 2.1/3.0/4.0 AS

●新アダプタ ローダー対応
Oracle 10g Release2/10g Release1/9.2.0/9.0.1/8.1.7/8.1.6
DB2UDB 8.2/7.2

・データベースへの取り込み処理の選択肢が増え、処理によっての適切な機能を選ぶことが可能となります。
・変換後のデータロードが可能な形式を取り込むケースでは、通常のデータ書込みとローダーを適用した場合での書込み部分で、約3倍(当社比)の向上がはかれます。

●DataSpider Servista V2.0.2の対応アダプタ
Oracle 10g Release2 Adapter
Dr.Sum Adapter
SAP Adapter
DB2 UDB for iSeries Adapter
Adapter for Tamino Adapter
HTML Adapter
PostgreSQL Adapter
Web サービス Adapter
Lotus Domino Adapter
Lotus Notes Adapter

また、「DataSpider Servista V2.0.2」のリリースに合わせて、エントリー版の「DataSpider Servista Standalone」の販売を開始いたします。
アプレッソは引き続き、「DataSpider Servista」の製品強化に注力してまいります。

*記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR