ワイヤレスIP電話機「WirelessIP5000」の販売で ユニアデックス株式会社と代理店契約を締結

日立電線株式会社 2006年02月27日

日立電線株式会社はこのたび、ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:高橋 勉、以下、 「ユニアデックス」といいます。)とワイヤレスIP電話機「WirelessIP5000」の販売において代理店契約を締結しましたのでお知らせいたします。この提携により、WirelessIP5000の国内販売網のより一層の強化を図ってまいります。

 データ通信網の低価格化と高機能化が進む中、VoIP(Voice over Internet Protocol)といわれるインターネットの技術を利用して音声通話を行うIP電話が急速に普及しつつあります。加えて、ノンテリトリアルオフィスと呼ばれる個人が特定の席をもたないオフィス環境の実現や、レイアウト変更に伴う配線工事のコスト削減を目的に無線LANを導入する企業等が増えており、無線LAN環境でワイヤレスIP電話を利用できるソリューションのニーズが高まっております。
 このようなニーズに対応するため、当社ではVoIPの通信プロトコルとして日本国内で標準となりつつあるSIP(Session Initiation Protocol)に対応し、特定のSIPサーバーのみではなく、複数社のSIPサーバーと接続が可能なオープンスタイルのワイヤレスIP電話機WirelessIP5000を販売しております。同時に、お客様により容易に導入していただくため、通信事業者各社のIPセントレックスサービスやSIPサーバーメーカー各社との連携を拡大させております。
 このたび当社は、ユニアデックスが販売を行う株式会社ネクストジェン製SIPサーバー「NX-E1000」とWirelessIP5000との相互接続試験を行い、その動作を確認いたしました。これを受けてユニアデックスが提供するモビリティ端末を使ったワイヤレスソリューション「AiriP(アイリップ)*1」に、WirelessIP5000が対応端末として加わることとなりました。併せて当社とユニアデックスはWirelessIP5000の販売において代理店契約を締結し、ユニアデックスにWirelessIP5000の販売パートナーに加わっていただくこととなりました。これにより国内販売網のより一層の強化を図ってまいります。
 当社では、販売パートナーを拡大するとともに、パートナー各社との協業を強固にすることで、SIP対応ワイヤレスIP電話機市場における「WirelessIP5000」のシェア拡大を図ってまいります。

このプレスリリースの付帯情報

WirelessIP5000外観写真

用語解説

*1 AiriP(アイリップ)はユニアデックス株式会社の登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日立電線株式会社の関連情報

日立電線株式会社

日立電線株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!