シーゲイト社、最大750GBの大容量3.5インチドライブ Barracuda 7200.10 を発表

デスクトップからノートブック、エンタプライズにいたる製品群に垂直磁気記録方式を採用

日本シーゲイト株式会社 2006年04月27日

ハードディスクドライブのトップメーカーであるシーゲイト社は、世界初となる750GB大容量デスクトップ向け3.5インチ・ハードディスクドライブ「Barracuda 7200.10」を発表しました。垂直磁気記録方式の採用で、130ギガビット平方インチという面密度と、単一ドライブで750ギガバイトというストレージ容量における記録を更新し、業界を先駆ける製品の販売を開始しました。

【2006年4月27日】ハードディスクドライブ(HDD)市場における世界的なトップメーカーであるシーゲイト・テクノロジー(本社:米カリフォルニア州スコッツバレー、NYSE略号:STX、以下シーゲイト社)は、世界初となる750GB大容量デスクトップ向け3.5インチ・ハードディスクドライブ「Barracuda 7200.10」を発表しました。同社はこれにより、130ギガビット平方インチという面密度と単一ドライブで750ギガバイトというストレージ容量における記録をさらに更新し、業界を先駆ける製品の販売を開始しました。この製品は、垂直磁気記録方式を採用した新しいBarracudaの一員で、デスクトップPCや低コストサーバのストレージ容量、パフォーマンス、信頼性の増大する要件に応える製品です。

新しいBarracuda 7200.10ファミリはすでに流通チャネルに出荷されています。このドライブの導入により、シーゲイト社はデスクトップ、ノートブック、エンタプライズ、デジタル家電製品、チャネル販売向けHDDにおいても垂直磁気記録方式を提供できるようになりました。このテクノロジーは、従来の長手磁気記録方式のようにディスク上のデータビットを記録媒体面に対して水平に配置するのではなく、垂直方向に配置します。こうすることで、HDDのデータ密度、容量、信頼性のすべてにおいて新しい水準を築き上げました。データビットの配列方向を変えることによって、同じ時間内にドライブヘッド下を通過するデータビット数が増えるため、回転速度を上げることなくドライブのスループットが向上します。

日本シーゲイト株式会社代表取締役社長、小林 剛は次のように語っています。「世界中の企業や消費者が膨大なデジタルコンテンツを必要とするようになってきたため、かつてないほどのストレージ容量を持つパーソナル・コンピュータやパーソナル・サーバの需要がますます高まっています。これは今までにない傾向で、デジタル家電製品関連のサービス、機器の急増に伴って、ペタバイトにもおよぶ音楽、写真、動画、コンピュータゲーム、その他のデジタルコンテンツが生み出されています。これらの情報はすべて、急速にデジタルライフの中心になりつつある家庭用PCに対して信頼性の高いストレージを求めるニーズの増大につながるものです。シーゲイト社は、ハードディスクドライブ業界における最先端のストレージ機能でこのような要件に応えるだけでなく、企業やお客様が容量、パフォーマンス、信頼性に関する課題にいち早く対処できるような最先端のドライブやテクノロジーを開発し続けていく意向です」

シーゲイト社はすでに、1インチにおいてはST1.3シリーズ、2.5インチにおいてはノートブック向けドライブMomentus 5400.3、3.5インチにおいてはエンタプライズ向けドライブCheetah 15K.5を発表しており、このうちMomentus 5400.3とCheetah 15K.5は市場に流通しています。

Barracuda 7200.10 - 業界をリードするパフォーマンス、容量、信頼性の組み合わせ
PCとサーバ両方の増大するストレージ容量の要件に対応すべく、Barracuda 7200.10ファミリは1平方インチあたり130ギガビットという業界をリードする面密度(ディスク当たり最高188GB)を活かして、200GBから750GBまでの幅広い容量を提供します。この比類のないデータ密度によって、あらゆるPC向けハードディスクドライブで極めて優れた信頼性、パフォーマンスを実現します。

Barracuda 7200.10は、8MBから16MBまでのキャッシュサイズ、そしてネイティブコマンドキューイング(NCQ)を搭載した1.5Gb/sと3.0Gb/sのデータ転送速度を利用できるシリアルATA(SATA)インタフェースなどの機能を有しています。また、NCQによって、作業負荷が高い状況でも、ドライブの機械的な摩滅を大幅に防げるため、信頼性も向上します。

7200-rpmのBarracuda 7200.10 ファミリは、シーゲイト社の5年保証制度の対象となっており、容量、パフォーマンス、信頼性ともに優れ、システムビルダーがメディア、ゲーム、ハイエンドワークステーション、個人向けPCなどのシングルユーザーシステム向けに生産する製品に必要となる重要な価値を実現します。Barracuda 7200.10は、また、中小企業向けの低コストサーバーやSATAサーバーなどマルチユーザーシステムのビルダーが求める、スループットが高くギガバイト当たりコストを低く抑えられるという要件も満たしています。

Barracuda 7200.10 - 大容量ストレージだけではない優れた機能
シーゲイト社は、初めてデスクトップ向けハードディスクドライブに垂直磁気記録方式を採用し、NCQテクノロジーを提供するハードディスクドライブメーカーです。また、デスクトップ向けドライブの静音性、耐衝撃性に関する業界標準を設定した数々の革新的な機能を取り入れてきました。シーゲイト社は、Barracuda 7200.10で次のようなさらなる技術的利点を提供し、ユニークな最先端の機能を実現します。

・Adaptive Fly Height(フライングハイト調整)- 動作環境の変化に応じてフライングハイト(ディスクヘッドとプラッタ間の距離)を調整することによって、ディスク全体の読み出し、書き込みパフォーマンスの安定性を最大限に引き出します。

・Clean Sweep - 電源がオンされるたびに、ヘッドはプラッタ全域にわたって表面検査とキャリブレーションを行ない、メディア表面の均一性とドライブ信頼性を維持します。

■シーゲイト社について
シーゲイト社は、エンタプライズ、PC、ノートブック、およびコンシューマーエレクトロニクス(CE)製品向けにハードディスクドライブを設計、製造、販売する世界のトップ企業です。当社は世界中で急増する情報ストレージ需要を満たすため、定評ある製品、顧客サポートおよび信頼性の提供を理念としています。シーゲイト社は、世界各地で事業展開しているほか、www.seagate.com (英語)、www.seagate.co.jp (日本語)でも情報提供しています。

シーゲイトおよびシーゲイト・テクノロジー、シーゲイトのロゴマークは、Seagate Technology LLCの登録商標です。Barracuda、Adaptive Fly Height、Clean Sweepは、Seagate Technology LLCの商標または登録商標です。その他のブランドおよび製品名は、各所有者の商標または登録商標です。1ギガバイトおよびGBは、ハードディスクに言及する時には10億バイトを意味します。アクセス可能な容量はオペレーティング環境やフォーマットにより異なります。ここに記されているさまざまなアプリケーション向けの容量は参考を目的としたものです。実際の容量は、ファイルサイズやフォーマット、ソフトウェアの特長やアプリケーションにより異なります。

###

《本件に関するお問い合わせ先》
●日本シーゲイト株式会社
コーポレイトコミュニケーション 藤森 英明
Tel: 03-5462-2327
Fax: 03-5462-2978
E-mail: Hideharu.Fujimori@Seagate.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本シーゲイト株式会社の関連情報

日本シーゲイト株式会社

日本シーゲイト株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!