図研ネットウエイブ、米国Identity Engines社と販売代理店契約締結 革新的なネットワークアイデンティティ管理ソリューション 「Ignition<TM>」(イグニション)を日本市場で販売開始

ネットワークアクセスの安全性と管理を求める企業に ソリューションとサポートを提供

図研ネットウエイブ株式会社 2006年06月01日

ネットワークセキュリティ製品の販売およびインテグレーションを行う図研ネットウエイブ株式会社とネットワークアイデンティティ管理ソリューションのリーディングプロバイダーであるIdentity Engines, Incは、図研ネットウエイブが日本市場でIdentity Enginesのネットワークアイデンティティ管理ソリューション Ignition<TM>を販売するチャネルパートナーシップを締結することで両社が合意に達したと発表しました。

ネットワークセキュリティ製品の販売およびインテグレーションを行う図研ネットウエイブ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村郁生、以下図研ネットウエイブ)とネットワークアイデンティティ管理ソリューションのリーディングプロバイダーであるIdentity Engines, Inc.(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO:ピート・セルダ、以下Identity Engines)は、図研ネットウエイブが日本市場でIdentity Enginesのネットワークアイデンティティ管理ソリューション Ignition<TM>を販売するチャネルパートナーシップを締結することで両社が合意に達したと発表しました。日本国内における販売代理店として図研ネットウエイブは本日よりIgnitionの営業、販売、支援を開始します。

日本でも世界各国でも、企業のIT部門は、ネットワークの全エントリーポイントで一貫したセキュアなアクセスを確保しつつ、増大するモバイルユーザー、リモートユーザーをサポートするソリューションを見い出すことを求められています。こうしたニーズによりネットワークアイデンティティ管理市場は拡大しており、Enterprise Strategy Groupの最近の調査によれば、2010年までに10億ドルの規模に成長すると予想されています。信頼性が高く、中央管理可能で、セキュアなIgnitionは、ますます複雑さを増す環境の下で、アイデンティティとポリシーに基づくセキュリティを企業が確保できるようにします。

Identity Enginesのアプライアンス製品Ignitionは、分散型企業ネットワークに対し、エンタープライズグレードの認証、承認サービスを提供します。ネットワーク機器に対するこれまでの投資と新規投資の双方を活用して、Identity Enginesは、包括的で、コスト効果に優れ、拡張性のある方式でアイデンティティに基づくコントロールを確実に実施し、企業のセキュリティとコンプライアンスを大幅に向上させます。同社は2004年に設立し、2005年11月に最初の製品を発表し、2006年5月には、Ignition v3.0を発表しています。

今回の提携に関し、図研ネットウエイブの代表取締役社長 中村郁生は次のように述べています。
「図研ネットウエイブは、企業における外部からの脅威、内部からの情報漏えいに対するソリューションを提供してきました。Ignitionを国内に提供することにより、今後必要とされるIdentityベースのネットワークに対してのソリューションを提供出来ることになります」

一方、Identity EnginesのCEOピート・セルダは次のように述べています。
「Ignitionを発表して以来、これまでに15社以上に採用され、評価中や関心をいただいている企業は数十社に上ります。企業ネットワークへのアクセスの管理については、多くの業界でニーズがあります。Identity EnginesのIgnition ネットワーク管理ソリューションは、こうしたニーズを満たすもので、図研ネットウエイブのようなパートナーと共に、世界に販売を広げていきたいと考えています」

価格と販売スケジュール

【出荷開始時期】
平成18年6月1日から受注開始
平成18年7月より出荷開始

【販売価格】
375万円より

【Ignition 製品ページ】
(リンク »)

用語解説

図研ネットウエイブ株式会社について
図研ネットウエイブ株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:中村 郁生)は、急速な発展とともに多様な課題を抱えるインターネット市場に独自のソリューションによってビジネス展開するために株式会社図研の出資により設立されました。図研ネットウエイブでは、今まで企業ネットワークにおける外部からの脅威、内部からの情報漏えいといった問題に対するソリューションを提供してきました。さらに、企業の認証ギャップを解決し、日本版SOX法に代表されるセキュリティ・コンプライアンスに対応出来る、新たなソリューションを提供します。くわしい情報は (リンク ») をご覧下さい。


Identity Enginesについて
Identity Enginesは2004年に設立され、企業ネットワークのセキュリティを確保するため、アイデンティティに基づく拡張性のあるソリューションを開発しています。同社のソリューションは、中央管理とポリシー管理のアクセスコントロールとコンプライアンスを向上させながら、認証、承認、分散型ネットワークデバイスの検査といった包括的なアイデンティティサービスを提供します。くわしい情報は (リンク ») をご覧下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!