編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

図研ネットウエイブ、スパム遮断アプライアンスを販売--韓国企業と提携

CNET Japan Staff

2006-10-12 19:58

 図研ネットウエイブと韓国のテラステクノロジーは10月11日、図研ネットウエイブがテラステクノロジーの迷惑メール(スパム)遮断ソリューション「SPAM WATCHER Appliance」を販売するチャネルパートナーシップを締結することで合意したことを発表した。

 SPAM WATCHER Applianceは、メモリ上でキューイング処理をする高性能MTA技術をもとに開発されたメッセージングセキュリティ製品。コムタッチのスパムフィルター技術であるRPD(Recurrent Pattarn Detection)による検知に加え、自社開発のデータベース検知や学習機能を備える。

モデルメモリ隔離所要量最大処理容量
(1日)
SPAMWATCHER 1001Gバイト10Gバイト100万通
SPAMWATCHER 2001Gバイト30Gバイト100万通
SPAMWATCHER 3002Gバイト50Gバイト200万通
SPAMWATCHER 5004Gバイト150Gバイト500万通

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]