図研、拠点間のWAN最適化用途に「Blue Coat SG」アプライアンスを採用

CNET Japan Staff

2006-11-29 19:01

 ブルーコートシステムズと図研ネットウエイブは11月28日、図研の拠点間のWAN最適化用途に、「Blue Coat SG」アプライアンス(MACH 5)を採用したことを発表した。

 図研では、自社の大容量CADデータを拠点間で効率よく転送することが急務だった。そこで同社のネットワーク基盤を担当する図研ネットウエイブでは、Blue Coat SGアプライアンスによるWAN高速化技術を提案した。

 今回、Blue Coat SGアプライアンスを採用したことで、図研の横浜・名古屋間のデータファイルの高速転送を実現した。評価テストでは、アプリケーションパフォーマンスで最大約30倍のスピードを実現、加えて帯域消費も減少したという結果になっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]