編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

図研ネットウエイブ、カナダ企業製コンテンツ検査エンジンを国内出荷

CNET Japan Staff

2007-05-29 10:11

 図研ネットウエイブは5月28日、同社が一次代理店を務めるカナダのWedge Networks製高速コンテンツ検査エンジン「Subsonicスキャン・エンジン」の日本市場における販売を開始した。

 Subsonicスキャン・エンジンは、ネットワークベースのコンテンツインスペクション(Network Based Content Inspection:NBCI)により、ネットワークにおけるアンチスパムとアンチウイルスのスキャン性能を向上させてくれる。現行の分析と過去セッションの結果を関連付けることで、効率的で高精度なNBCIスキャン・セッションを可能にするという。

 また、ペイロード検査の「スループット上のボトルネック」を取り除くことで、広く普及しているソフトウェアの新リリース、デジタル画像、ビデオあるいはその他の圧縮コンテンツがリリースされた際の、大量の一時的コンテンツのアップロードおよびダウンロードによる影響を軽減することができる。

 Subsonicスキャン・エンジンは、セキュリティアプライアンス「BeSecure」に搭載され、企業・プロバイダ向けに図研ネットウエイブから販売される。価格は280万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]