シーネットネットワークスジャパン、2006年最も活躍したCNET Japan読者ブロガーを表彰する「CNET Japan読者ブログアワード 2006」受賞者を発表!

朝日インタラクティブ株式会社 2006年12月15日

テクノロジー&ビジネス情報のメディアサイト「CNET Japan」( (リンク ») )を運営するシーネットネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大日健、以下シーネットネットワークスジャパン)は、CNET Japan読者ブログにおいて、最も活躍したブロガーを表彰する「CNET Japan読者ブログアワード2006」を開催しました。

CNET Japan読者ブログは、CNET Japanの読者の方々がIT業界の出来事や動向に関する意見や分析、ビジネスやテクノロジーに対するビジョンや考えを披露する場として、2006年4月に開始しました。これまでのべ150名以上の方がブロガーとして活躍しており、多くの方に支持されています。

今回、このアワードの各賞の審査にあたり、シックス・アパート株式会社 代表取締役の関信浩氏、株式会社はてな 取締役の川崎裕一氏、Infoteria Corporation USA Presidentの江島健太郎氏、CNET Japanブログ「佐々木俊尚 ジャーナリストの視点」( (リンク ») )などでご活躍のフリージャーナリスト、佐々木俊尚氏、UIEvolution Inc. CEOの中島聡氏、株式会社シンク 代表取締役社長の森祐治氏、渡辺聡事務所 代表の渡辺聡氏、株式会社アイレップ サーチエンジンマーケティング総合研究所所長の渡辺隆広氏を審査員としてお迎えいたしました。

また、審査では11月8日から12月1日までCNET Japan読者から投票を受け付け、その投票結果と審査員の選考により、「大賞」「シックス・アパート賞」「はてな賞」「CNET Japan賞」「審査員特別賞」の受賞者を決定いたしました。また、12月14日には東京都内で表彰式を開催し、多くの読者ブロガーやブログビジネス関係者が参加する盛況なイベントとなりました。

各賞の概要と受賞者は以下の通りです。

【大賞】
読者投票の結果と、ブログのページビューやトラックバック数、はてなブックマーク数をもとに、審査員が選出致しました。

ブロガー:kirifue 様
ブログ:霧笛望のはぐはぐ電脳小物
( (リンク ») )

<受賞者からのコメント>
栄えある第一回の大賞を頂き、大変光栄に存じます。読者ブログという発表の場を与えてくださったCNETの皆様、ブログを読んでくださっている皆様、本当にありがとうございました。これを励みに、より一層がんばるつもりでおります。


【シックス・アパート賞】
2006年4月から11月に投稿されたブログ記事のうち、最もトラックバック数が多い記事を書かれたブロガーを表彰します(※1)。

ブロガー:ふじたやすし 様
ブログ:エコノミー、マーケティング、そして IT
( (リンク ») )
当該記事:ソフトバンクの「iPod 携帯」について
( (リンク ») )
トラックバック数:15件(2006年12月1日時点)

<受賞者からのコメント>
もう目立ったことは何もないだろう、しかし仕事だけはやたら忙しいと思っていた年の瀬にこのような賞を突然いただき、大変恐縮しております。引越しして間もないため、賞金で素敵なインテリア商品を買いたいです。


【はてな賞】
2006年4月から11月に投稿されたブログ記事のうち、最もはてなブックマーク数が多い記事を書かれたブロガーを表彰します(※1)。

ブロガー:坂本多聞 様
ブログ:坂本多聞のソフトウェア業界インサイドアウト
( (リンク ») )
当該記事:NIFTY-Serve帝国衰亡史で占うmixi(ミクシィ)の行方
( (リンク ») )
はてなブックマーク数:105件(2006年12月1日時点)

<受賞者からのコメント>
大変光栄な賞をありがとうございます。これからも、失敗を恐れず、何かの形で役に立ち意義あるブログとなるようがんばりますので、はてなブックマークやトラックバック、コメントなどで、叱咤激励と補足をよろしくお願いします。

【CNET Japan賞】
2006年11月8日から12月1日までに行われた読者投票において、最も投票数の多いブログを書かれたブロガーを表彰します。

ブロガー:朝之丞 様
ブログ:朝之丞のTry and Tested
( (リンク ») )
得票数:66票(有効投票数:804票)

<受賞者からのコメント>
CNET Japan賞受賞は、ひとえに読者の皆様のご愛顧の賜物です。感謝を申し上げます。本当に有難う御座いました。


【審査員特別賞】
読者投票の結果と、ブログのページビューやトラックバック数、はてなブックマーク数をもとに、審査員が選出致しました。

ブロガー:earlybird 様
ブログ:Heaven's Net is Wide-meshed
( (リンク ») )

<受賞者からのコメント>
私のブログは万人受けする内容ではありませんし、文章も決して読みやすいとは言いがたいものです。良識ある読者の方からはヒンシュクを買っていることでしょう。それにも関わらず、読んでいただき、ましてやそれにコメントやトラックバックまでいただいた方々には、この場をかりてお礼を言いたいと思います。今回の審査員特別賞は、まだしばらく続けていいよ・・・という「天の声」と勝手に解釈し、相変わらずヒンシュクを買いつつ、投稿を続けていきたいと思います。


ブロガー:takahito 様
ブログ:アート資本主義
( (リンク ») )

<受賞者からのコメント>
現代美術と資本主義という際どい材料を料理するにはいかにも経験不足で頼りない手さばきなのですが、ブログというライブな調理場ならではの新鮮な出会いがあることを願いつつ日々書いています。こういう場を与えていただいたことと評価していただく機会を得たことに深く感謝しております。もっと料理の腕を上げたいですね!


ブロガー:wanwangorogoro 様
ブログ:しあわせのくつ
( (リンク ») )

<受賞者からのコメント>
この度は審査員特別賞を頂き大変感謝しております。CNETさんのおかげで、ますます多くの方がウェブと経済、そしてしあわせについて考えるきっかけになれば幸いです。


ブロガー:エンジニアA 様
ブログ:インフラコンサルティングの最前線
( (リンク ») )

<受賞者からのコメント>
審査員特別賞という栄誉を頂きありがとうございます。元々はブログタイトルにあるようなサーバやデータセンタ絡みのトピックをメインにしていく予定でしたが、プロジェクトの環境変化に伴っていつのまにやらSI全般を取り上げていました。来年はもう少しインフラ寄りの話題を提供できればと思っております。


ブロガー:今駒哲子 様
ブログ:オープンソースCMS GeeklogがWEBの標準になる日
( (リンク ») )

<受賞者からのコメント>
まさか受賞できるとは思いもよらないことで、大変うれしいです。このブログは、Geeklogの開発者グループ、SOHOグループ「IvySOHO」、mixiの友人たちなど、大勢の仲間に支えられています。応援していただいている仲間に感謝したいと思います。また、CNET Japan読者ブログという場を与えていただいたからこそ、幅広い層からたくさんのコメントやトラックバックをいただき、考えを広げ、深めることができました。ありがとうございました。


ブロガー:知財なう 様
ブログ:知財Now
( (リンク ») )

<受賞者からのコメント>
思いがけない読者ブログアワード審査員特別賞の通知を頂きびっくりしています。受賞の重圧にめげずに今後も気楽に発言させて下さい。読者の皆様の忌憚の無いコメント、トラックバックよろしくお願いします。


※1 2006年12月1日時点でCNET Japan読者ブログを退会されているブロガーの方は対象外とさせて頂きました。

シーネットネットワークスジャパンは、CNET Japan、CNET Venture View、ZDNet Japanを通じ、読者や企業などの意見や情報を積極的に組み込んだ、ユニークで新しいメディアサービスを展開し、今後もさまざまな取り組みを行ってまいります。

■シーネットネットワークスジャパンについて( (リンク ») )
米CNET Networks, Inc.(以下、CNET Networks)が100%出資する子会社。CNET Networksはインタラクティブ時代のコンテンツ環境を創出するワールドワイドのメディア企業です。CNET Networksは、「一味違うメディアカンパニー」としての自負を持ち、ユーザーと市場関係者、そしてエキスパートの編集者の知識と情熱とを組みあわせることで、よりリッチで深いインタラクティブな体験を創造しています。CNET NetworksのリーディングブランドであるCNET、GameSpot、MP3.com、Webshots、ZDNetは、パーソナルテクノロジーやエンターテインメント、ビジネステクノロジーに焦点をあてています。CNET Networksは米国、アジアおよびヨーロッパでビジネスを展開しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!