JTBグループのエイ・ビー・アイにQ&Aコミュニティー『旅の鉄人広場』を提供

JTBグループのエイ・ビー・アイにQ&Aコミュニティー『旅の鉄人広場』を提供

株式会社オウケイウェイヴ 2006年12月19日

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、JTBグループの海外自由旅行専門会社・株式会社エイ・ビー・アイ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大竹幸博)に、Q&Aコミュニティー『旅の鉄人広場』の提供を2006年12月19日より開始しました。

(リンク »)

Q&Aコミュニティー『旅の鉄人広場』( (リンク ») )は、エイ・ビー・アイが運営する海外旅行情報サイト「旅の鉄人市場」( (リンク ») )内に開設した「OKWave」の連携サイト。ユーザーの再来訪およびサイトの活性化を目的に、海外旅行に関する様々な疑問・質問にユーザ同士が回答する場を提供します。ユーザは会員登録することにより旅行に関する様々な疑問を無償で解消することが可能です。また、『旅の鉄人広場』ユーザからの質問および回答は、「OKWave」および他の連携サイトからも閲覧可能なため、『旅の鉄人広場』ユーザに加え、60万人以上の「OKWave」および連携サイトの利用会員からの素早い回答も期待できます。さらに、『旅の鉄人広場』に参加する「旅の鉄人」が専門家の立場からの回答も提供します。

『旅の鉄人広場』のオープンにより、エイ・ビー・アイでは、一方的な情報提供だけではなく、旅行好きなユーザ同士あるいはユーザと旅の鉄人とのコミュニケーションを主体としたサービスを提供する「旅の鉄人市場」の主要コンテンツとして、サイトのさらなる活性化を期待しています。

オウケイウェイヴでは、これまで、NTTレゾナント(教えて!goo)、エキサイト(質問広場)、マイクロソフト(MSN相談箱)をはじめ、約40のサイトと連携してきましたが、「旅の鉄人市場」のような専門情報を扱うサイトとの連携も強化し、様々な知識・経験を持ったユーザ達がQ&Aによって問題解決し、信頼と満足を生み出せる場を今後も拡大していく考えです。

■「旅の鉄人市場」について
(リンク »)
「旅の鉄人市場」は、JTBグループが、世界各国の情報に各々特化した大手旅行会社5社(エス・ティー・ワールド、ファイブ・スター・クラブ、スケッチトラベル、セブン・フォー・セブンエンタープライズ、エヌオーイー)と提携し、海外旅行プランを提供する旅行ポータルサイトです。「旅の鉄人」と呼ばれる各社の代表が、サイト内のブログ等を通じ、ユーザに現地の人しか知らないようなとっておきの情報を発信していきます。また、旅の鉄人とユーザ間での情報共有に加え、旅行好きなユーザ同士の情報共有するコンテンツも設け、「コミュニケーションによる信頼と安心」をテーマに、それぞれのニーズに合ったプランを提供します。

■「OKWave」について
(リンク »)
2000年1月オープンの日本初、最大級のQ&Aサイト。会員ユーザからの質問に、別の会員ユーザが回答する場を提供しています。ユーザの知識・経験・知恵を引き出してコンテンツが自動生成される仕組みはWeb2.0そのもの。「OKWave」が保有する1,000万件以上のQ&Aデータベースは、60万人以上の会員ユーザはもちろん、毎月約500万人の閲覧ユーザにも利用されています。「OKWave」と連携し、Q&Aコンテンツを共用する他社サイト(連携サイト)は40社に上ります。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
1999年7月設立。世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、Web2.0の発想による、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(会員約60万人、約1億PV/月)を運営。またその運営ノウハウを応用したFAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを開発・販売。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?