ミラポイントのRazorGateエンタープライズセキュリティアプライアンス、米Info SecurityのHot Companies賞をセキュリティとエンタープライズの2部門で受賞

ミラポイントの製品革新性、ビジョン、市場におけるリーダーシップが評価される

ミラポイントジャパン株式会社 2007年02月01日

ミラポイントジャパン株式会社(本社: 東京都世田谷区、代表取締役社長: 湯佐嘉人、以下ミラポイント)は、米ミラポイント社(Mirapoint, Inc.、本社: 米カリフォルニア州サニーベール)が米「Info Security Products Guide」の2007年度「Hot Companies」賞を、セキュリティ部門とエンタープライズ部門の2部門で受賞したことを発表します。

Info Secrurityの「Hot Companies」は、情報セキュリティのあらゆる領域で優れた業績を残した企業や製品を評価して表彰するもので、500社を超える世界各国の著名な情報セキュリティ企業を対象とした業界分析の結果、躍進を支える「4つのP」すなわちProducts(製品)、People(人間)、Performance(パフォーマンス)、Potential(可能性)という厳格な基準に基づいて、この栄誉ある賞がミラポイントに贈られました。

ミラポイントは、「RazorGate」E メールセキュリティアプライアンスにより知名度を高め、小売、教育、医療、サービスプロバイダなど、さまざまな主要業界で市場に浸透しており、日本航空様、横浜ゴム様、RSA Security様、STMicro様 といったワールドクラスの企業が、セキュアなメッセージングを実現するミラポイントのアプライアンスを配備しています。
技術の革新性と卓越性で業界から認められているミラポイントは、1999年にEメールセキュリティゲートウェイを最初に発売し、市場を創造した企業でもあります。

ミラポイントの CEO であるバリー・アリコ(Barry Ariko)は次のように話しています。
「Info Security Products Guide の『Hot Companies 2007』に選出していただいたことを大変光栄に思います。今回の受賞は、ビジョンを持った革新的な企業として、エンタープライズ市場で大きな牽引力を獲得してきた弊社の位置付けを認めていただいたものと考えています。いかに大規模なネットワークであっても、いかに多くの脅威に直面していても、メッセージングインフラの安全を保護できるように設計されているミラポイントの卓越した製品をご利用になれば、企業は大きな効果を得ることができます。」

◆企業にマルチレイヤプロテクションを提供する RazorGate
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ミラポイントのEメールセキュリティアプライアンスRazorGateは、ネットワークエッジでマルチレイヤプロテクションを提供します。ミラポイント独自の「MailHurdle?」機能が、スパムメールやウィルスの80%をネットワークエッジで阻止します。「RAPID Anti-Spam」および「RAPID Anti-Virus」がスパムとウィルスに対するゼロアワープロテクションを提供し、最大98 %もの検出率を実現します。MTAとしても優れた能力を持ち合わせるRazorGateは、スパムとウィルス防御機能を稼動しながらに、1時間に最大19万通のメールを処理することも可能です。

Silicon Valley Communications 社が発行する Info Security Products Guide の編集長であるレイク・ナラン(Rake Narang)氏は、次のように話しています。
「この何か月かでなりすまし犯罪(個人情報窃盗)が急増した結果、セキュリティは、個人レベルも含め、企業における3大関心事の1つとなっています。ミラポイントのようなベンダーは、企業としての強さを支える 4 本の柱に基づいて成功戦略を構築しています。私たちが世界中のあらゆる規模のセキュリティベンダーを評価する基準とした4つのPはまさに、2007年にデジタルリソースのセキュリティを維持するうえで最良の指標となるものです」

◆Hot Companies 2007 の選考
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Hot Companies 2007の選考結果は、競合他社にとっては、きわめて高度な次世代の超複合型攻撃に対抗する効果的で配備しやすい防御ソリューションの提供水準を大幅に引き上げるものともなりました。評価プロセスにおいては、強靱な起業家精神、経験豊富で判断力に優れた経営幹部、セキュリティ市場に対する明確な理解、新たな市場機会を活用できる位置付けが与えられた製品とソリューション、周到に練られた収益成長モデル、明確にプランニングされた拡張戦略も考慮されました。

◆Silicon Valley Communications 社主催の賞について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Silicon Valley Communications 社が発行する Info Security Products Guide は、デジタルリソース保護に関して取りうる選択肢を、エンドユーザに知らせるという重要な役割を担っています。特に、セキュリティへの脅威と自分が取りうる防御手段について、常に最新情報を把握しておきたい人々を対象としています。このガイドには、今日見る明日の技術、ベスト配備事例、セキュリティに貢献する人々や技術、セキュリティに関する最適な意思決定を支援する独立の製品評価など、豊富な情報が掲載されています。Info Security Products Guide では、情報セキュリティのあらゆる領域で優れた業績を評価し、表彰しています。詳しくは www.infosecurityproductsguide.com をご覧になり、万全のセキュリティ保護を実践してください。


_________________
■ 米ミラポイント社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
米ミラポイント社(Mirapoint Inc.)は、1997年に設立され、企業、サービスプロバイダ、教育機関、および政府機関が利用するセキュアなメッセージングネットワークを実現するアプライアンスベースのソリューションのリーディングベンダであり、世界で1億1500 万以上のミラポイント製メールボックスが稼動しています。
ミラポイントのアプライアンスサーバは、Eメールサーバ、ディレクトリサーバ、MTA、メールセキュリティなどを統合して提供するので、集中制御と管理性が高く、導入・運用コストを含むTCO(総所有コスト)に優れた“Secure Messaging Infrastructure”(安全なEメール基盤)を実現可能にします。
本社を米カリフォルニア州 サニーベールに置き、日本をはじめとするアジア、欧州を含むワールドワイドな業務展開を行っています。

_________________
■ミラポイントジャパンについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
ミラポイントジャパン株式会社は、2000年4月 米ミラポイント社100%出資で設立された日本法人です。ミラポイントのメッセージングソリューションは、国内販売パートナーであるシーティーシー・エスピー(株)、日エレクトロニクス(株)、ネットワンシステムズ(株)を通じて、日本国内の企業、ISP/ASP、教育機関、官公庁を中心に幅広く導入されています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!