「ケータイコンテンツビジネス調査報告書2006-2007」を販売開始

リッチコンテンツから“ケータイ2.0”的なサービスまで、幅広く網羅した最新版

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2007年02月22日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「ケータイコンテンツビジネス調査報告書2006-2007」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年2月22日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
     「ケータイコンテンツビジネス調査報告書2006-2007」を販売開始

~リッチコンテンツから“ケータイ2.0”的なサービスまで、
                       幅広く網羅した最新版~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「ケータイコンテンツビジネス調査報告書2006-2007」の販売を開始しました。

詳細ページ: (リンク »)


■■ 概要 ■■

“ケータイ2.0”、新たなステージへ 公式サイトによるクローズドなビジネスモデルから、PC型の検索エンジンによるオープンなビジネスモデルへと、大きく変わり始めたケータイコンテンツ業界。その最新動向を、コンテンツプロバイダーや通信事業社などに直接取材しまとめた調査報告書。ケータイコンテンツ市場の市場規模や、リッチコンテンツとして注目される「着うたフル」、電子書籍や電子コミック、さらにはモバイルSNSの動向など、リッチコンテンツから“ケータイ2.0”的なサービスまで、幅広く網羅した最新版です。


■■ 資料目次 ■■

はじめに

第1章 ケータイコンテンツビジネスの最新動向

 1-1 市場の動向
  1-1-1 リッチコンテンツ化の流れがより鮮明に
  1-1-2 KDDI/auのリッチコンテンツ化対応
  1-1-3  NTTドコモのリッチコンテンツ化対応
  1-1-4 SoftBankのリッチコンテンツ化対応
 1-2 ケータイ2.0の新たなステージへ
  1-2-1  ケータイ2.0とコンテンツビジネス
  1-2-2 公式検索サービスのスタートとSEO
  1-2-3 マーケティング分析の重要性
  1-2-4 ケータイコンテンツビジネス関連の歴史

第2章 ケータイコンテンツビジネスの現状

 2-1 概観
 2-2 ケータイコンテンツプロバイダ
  2-2-1 レーベルモバイル
  2-2-2 エムティーアイ
  2-2-3 エクシング
  2-2-4 日本エンタープライズ
  2-2-5 バンダイネットワークス
  2-2-6 サミーネットワークス
  2-2-7 ゼイヴェル
  2-2-8 ジョルダン
  2-2-9 ナビタイムジャパン
  2-2-10 ディーツー コミュニケーションズ
  2-2-11 jig

第3章 ケータイコンテンツ利用実態調査

 3-1 調査の概要
  3-1-1 調査の概要
  3-1-2 比重調整について
 3-2 調査結果のハイライト
  3-2-1 情報サービス全般
  3-2-2 ダウンロードコンテンツ
  3-2-3 ショッピング・オークション
 3-3 調査対象者のプロフィール
  3-3-1 性年齢階層
  3-3-2 職業
  3-3-3 調査対象者の居住地
  3-3-4 契約キャリア
  3-3-5 パケット定額制加入状況
 3-4 料金
  3-4-1 利用料金
  3-4-2 パケット料金
  3-4-3 コンテンツ料金
 3-5 情報サービス
  3-5-1 情報サービス利用率
  3-5-2 情報サービス利用者の利用頻度
  3-5-3 利用経験のある情報サービスのジャンル
  3-5-4 有料コンテンツの登録数
  3-5-5 コンテンツあたりの許容金額(月額課金)
  3-5-6 コンテンツあたりの許容金額(ダウンロード課金)
  3-5-7 今後利用したい情報サービスのジャンル
  3-5-8 一般サイトと公式サイトの利用状況
 3-6 ダウンロードコンテンツの利用状況
  3-6-1 着うた機能の認知度・利用状況
  3-6-2 着うたフル機能の認知度・利用状況
  3-6-3 動画ダウンロード機能の認知度・利用状況
  3-6-4 ゲームダウンロード機能の認知度・利用状況
  3-6-5 電子書籍の認知度・利用状況
 3-7 ショッピング・オークション
  3-7-1 ケータイショッピングの利用経験
  3-7-2 ケータイショッピングの購入商品
  3-7-3 ケータイショッピングで今後購入したい商品
  3-7-4 ケータイオークションの利用経験
  3-7-5 ケータイオークションで入札経験のある商品
  3-7-6 ケータイオークションで今後入札したい商品
 3-8 コミュニティ
  3-8-1 ケータイブログの認知度
  3-8-2 ケータイブログ認知者の利用状況
  3-8-3 ケータイSNSの認知度
  3-8-4 ケータイSNS認知者の利用状況


■■ 資料概要 ■■

商 品 名:ケータイコンテンツビジネス調査報告書2006-2007
発 刊 日:2007年2月1日
発   行:株式会社インプレスR&D
調査・制作:インプレスR&D インターネット生活研究所
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4版216頁
価   格:
    ■ハードコピー版
     52,500円(税抜50,000円+消費税2,500円)別途送料500円
    ■PDF版(印刷可能タイプ)
     52,500円(税抜50,000円+消費税2,500円)別途送料500円
    ■PDF版(印刷不可能タイプ)
     26,250円(税抜25,000円+消費税1,250円)別途送料500円

詳細ページ: (リンク »)


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:中川
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR