ソーシャルブックマークの『Buzzurl(バザール)』AFP BB Newsと連携

~1日に1000枚以上のニュース写真もひと目でわかる~

株式会社VOYAGE GROUP 2007年02月19日

 ショッピング情報サイト「ECナビ」を運営する株式会社ECナビ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:宇佐美 進典)は、ソーシャルブックマークサービス「Buzzurl(バザール)」において、「AFP BB News」と連携し、2007年2月19日よりニュース写真の掲載を開始いたします。

ECナビプレスリリース
報道関係者各位
2007年2月19日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ソーシャルブックマークの『Buzzurl(バザール)』AFP BB Newsと連携
    ~1日に1000枚以上のニュース写真もひと目でわかる~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ショッピング情報サイト「ECナビ」を運営する株式会社ECナビ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:宇佐美 進典)は、ソーシャルブックマークサービス「Buzzurl(バザール)」において、「AFP BB News」と連携し、2007年2月19日よりニュース写真の掲載を開始いたします。


AFP BB Newsはフランスの国際通信社、AFP通信と株式会社クリエイティヴ・リンクが共同で展開するニュースコミュニティサイトで一日に1000件以上の写真ニュースが配信されています。今回の連携で、Buzzurl上にて日本だけではなく世界各国からの最新写真ニュースも毎日リアルタイムで簡単にチェックすることが可能になります。


また、ご利用の皆様の利便性を高めるため、AFP BB Newsで見つけたニュースを簡単にBuzzurlへ登録できるブックマークアイコンもAFP BB Newsの記事上に設置しています。


Buzzurl(バザール)    (リンク »)
AFP BB News        (リンク »)


 「Buzzurl」は、オンラインでのブックマーク共有サービスに、利用者間のつながりの要素を加えたソーシャルブックマークサービスです。ニュースに関する人々の知識を集約し、共有することによって、他のユーザーがどのような考えを持っているかをリアルタイムに知ることが出来るサービスとして、ビジネスパーソンを軸としたユーザーに多くご利用していただけることを目指しています。

2007年1月10日に『ECナビ人気ニュース』からリニューアルし、すでに1日のエントリー登録数は既に1000件を超えるようになりました。現在月間1000万PVですが、今年末までには月間5000万PVを目指します。
今後も様々なニュースサイトとの提携、機能連携を進め、Buzzurl上に情報を集約し、最も利用されるソーシャルブックマークサービスにする予定です。


--------------------------------------------------------------------------------

※ ソーシャルブックマークサービス
ブラウザの「お気に入り」や「ブックマーク」のように、気になったウェブサイトのアドレスをオンライン上に保存できるオンラインブックマークサービスです。自分のブックマークをオンライン上に公開し、不特定多数のユーザーと共有する事で、これらを有益な情報源とすることができます。
多くのサービスではオンライン上にブックマークを登録する際、コメントやタグ(分類用の語句)をつけることが可能で、同一アドレスを登録している他ユーザーや同じタグでアドレスを分類している他ユーザーのブックマークを見ることで同じ指向のサイトが見付けやすくなります。

※ Buzzurl(バザール)
次世代のソフトウェア技術、インターネットサービスについて研究開発を行う『ECナビラボ』にて作られたソーシャルブックマークサービスで、お気に入りのニュースにコメントをつけて登録することで、他のユーザーと共有したり、今流行りのニュースをチェックしたりすることができます。


=================================================
■ECナビに関して■
=================================================

ECナビは、国内最大級の価格比較サイト「ECナビ」( (リンク ») )を運営しております。パソコン、家電、インテリア、化粧品など全20カテゴリを取り扱う17,000店舗、約750万点の商品についての価格、商品情報やショップのクチコミ情報を掲載、月間210万人の方にご利用いただいております。登録会員数は200万人になりました。また、比較対象を「商品」だけではなく、旅行情報や証券情報などの「サービス」にも拡大しております。圧倒的な商品点数とショップ数を網羅していることが特徴です。今後も消費者の皆様がオンラインで「お買い物」をするときに必要な、価格や商品、ショップなどすべての情報を網羅した、使いやすく分かりやすいショッピングポータルサイトを目指します。


【サイト概要】

サイト名:   価格比較サイト『ECナビ』
U R L:     (リンク »)
サイト内容: インターネット上の商品・価格・店舗の比較、口コミの情報提供
店 舗 数:   約17,000店舗
商品点数:  約750万点
アクセス数: 約3億8,000万PV/月 (ネットレイティングス調べ)
会員数:  約200万人
会員男女比率:女性45%、男性55%
          (ECナビ経由での購買実績のうち、約75%が女性)
月間利用者数:約210万人(ネットレイティングス調べ)


【株式会社ECナビ 会社概要】

社  名: 株式会社ECナビ
U R L: (リンク »)
所 在 地: 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
設  立: 1999年10月8日
資 本 金: 3億7,262万円
従業員数: 160名 ( 1月末時点 )
代 表 者: 代表取締役 宇佐美 進典
主要株主: 株式会社サイバーエージェント(東証マザーズ上場:4751)
関連会社:   株式会社リサーチパネル
        株式会社クロスマーケティング
事業内容: オンラインメディア事業 
価格比較サイト「ECナビ」の企画・運営



=================================================
■AFP通信に関して■
=================================================
AFP通信は最も長い歴史を持つ国際通信社です。

AFP通信(Agence France-Presse)はグローバル・ジャーナリズムの父といわれている Charles-Louis Havas(シャルル-ルイ・アバス)によって 1835 年 AFP 通信の前身である Agence Havas(アジャンス・アバス)としてパリに創立された世界で最も長い歴史を持つ通信社です。
3大通信社(AP、ロイター、AFP)の1社であるAFP通信は、現在 2,200 名を超えるジャーナリストが、世界 165 カ国で活動しており、世界中の約1万3000社の新聞社、約300社のテレビ・ラジオ局に専用線、無線、通信衛星を通じてニュースを配信しています。配信される国内・国外ニュースは毎日 1,500 枚以上の写真、70 万語以上のニュースを多言語で配信しています。


=================================================
■AFP BB Newsに関して■  (リンク »)
=================================================
AFP BB Newsは、AFP通信が掲げる「Facing the World(世界に目を向けよう)」というコンセプトを実現すべく、AFP通信と株式会社クリエイティヴ・リンクが共同で立ち上げたニュースコミュニティサイトです。AFP BB Newsは、スピード、情報量、コミュニティを特徴とした、新しいニュースメディアを目指しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本件に関するお問合せ>
●株式会社ECナビ 経営本部広報担当: 岡田(オカダ)
TEL:03-5459-3934 FAX:03-5459-4223 E-mail:pr-info@ecnavi.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社VOYAGE GROUPの関連情報

株式会社VOYAGE GROUP

株式会社VOYAGE GROUPの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?