アドベントネット、ネットワーク帯域監視・分析ツール

「AdventNet ManageEngine NetFlow Analyzer」をエンハンス

ゾーホージャパン株式会社 2007年08月16日

アドベントネット株式会社(代表取締役:山下 義人、本社:横浜市)は、ネットワーク帯域監視・分析ツール「AdventNet ManageEngine NetFlow Analyzer」をエンハンスし、「リリース6.0」として、販売を開始します。今回のリリースから、sFlow のサポートおよび詳細なネットワークの帯域利用状況の監視が可能になります。

NetFlow Analyzerは、米国Cisco Systems社のTechnology Developer PartnerであるAdventNet Inc.が開発した、Webベースのネットワーク帯域監視・分析ツールです。Cisco NetFlowおよびsFlowテクノロジを利用し、さまざまなネットワーク機器のインタフェースを通過するトラフィックの詳細なデータを取得します。NetFlow Analyzerは、このデータを解析し、どのアプリケーションがネットワーク帯域をどのように使用しているか、だれが・いつ・どのようにネットワークに負荷をかけているかなどの情報をグラフやレポートにより、分かり易い形式で提供します。また、これら情報により、ネットワークの障害解析やキャパシティプラニングも容易になります。

NetFlow Analyzer の主な機能は、次のとおりです。

帯域利用状況分析
Cisco NetFlowおよびsFlowは、ネットワーク帯域利用状況に関するさまざまなデータを提供します。NetFlow Analyzerは、これらのデータを解析し、帯域レポートとして表示し、全体の帯域利用状況の把握を可能にします。

NBAR (Network Based Application Recognition)
NBARに基づくレポート機能をサポートします。アプリケーションのトラフィックを詳細かつ柔軟に分類することにより、アプリケーションごとのサービス品質を設定するためのデータが取得できます。

機器のグルーピング
監視対象のネットワーク機器を複数のグループに分け、このグループごとに監視情報を閲覧できるように設定可能です。この機能は、1つの端末から複数のネットワークを監視する場合に有効です。

アプリケーションのマッピング
帯域レポートでは、Oracle、PeopleSoftなどエンタープライズ・アプリケーションを容易に識別することができます。また、ユーザ独自のアプリケーションも、ポートとプロトコルの組み合わせから容易に識別することができます。

アクセス認証
異なるアクセス権限を持つユーザを複数作成することにより、ユーザごとにグラフ閲覧やレポート作成などの権限を設定することができます。個々のユーザがそれぞれ担当するネットワークを監視する場合などに有効です。

Webベースのリモートアクセス
Webベースのユーザ・インタフェースを装備しており、ユーザは、Webブラウザひとつで、どこからでもネットワークの帯域利用状況に関する情報を閲覧することができます。

アラーム監視機能
トラフィック使用率でしきい値を設定することにより、電子メールやSNMPトラップでしきい値を越えたことを管理者に通知することができます。これにより、ネットワークの障害や過負荷などに早急に対応することができます。

製品情報 :
(リンク »)
評価版ダウンロード :
(リンク »)
価格情報:
(リンク »)

【主な新機能および改善項目】
sFlowをサポート (v2、v4、およびv5)

選択範囲のトラフィックの時間変化グラフを拡大表示する機能追加

トラフィックタブで、受信したトラフィックデータをリアルタイムで表示する機能

リンクダウンまたは15分間継続してフローを受信できなかった場合に、リンクダウンアラートを生成する機能
1分単位の(バイトおよびパケット単位の)入力/出力トラフィックデータを最長1年間保持する機能

Google Mapビューを組み込み、地図上に装置の位置や装置上のトラフィック量を表示する機能

アプリケーショングループを構成し、選択されたアプリケーションが占有する帯域情報を表示する機能

トラブルシューティング画面でDSCP(Differentiated Services Code Point)マッピングのレポートを生成する機能

空きディスク容量がしきい値に達するとアラートを生成する機能

空きディスク容量がしきい値に達するとローデータを自動削除する機能

装置のダッシュボードおよびトラフィックタブ画面を自動的に更新する機能

【動作環境】
ハードウェア:CPU Pentium 4 プロセッサ 以上
クロック数 2.4GHz 以上
メモリ 1GB 以上
ハードディスク モジュール150MB 以上 / データ領域 10GB 以上
OS:Windows( 2000 Server、Server 2003 / XP Professional + SP1 以上 )
Linux( RedHat 8.0 / 9.0、Enterprise AS / ES 2.1 / 3 / 4 )
Webブラウザ:Internet Explorer 5.5 以上、Netscape 7.0 以上、またはMozilla 1.5 以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!