IT全般統制対応アイデンティティ管理システム「Secured AccountOne(セキュアードアカウントワン) Ver3.0」の販売開始

~窮屈な内部統制を、驚異的な効率化に導く - 管理コストが3分の1に激減!~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 2007年10月01日

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川 憲和、以下ソフトバンク・テクノロジー)は、様々な社内システムのアカウントを一元管理し、日本版SOX法で求められる内部統制対応と効率化による業務負荷軽減を同時に実現する、アイデンティティ管理システム「Secured AccountOne Ver3.0」を10月1日より販売開始します。

2008年4月以降に始まる日本版SOX法や、個人情報保護法への対応を含めたリスク管理の観点から、アカウント管理が近年重要視されてきております。また、企業の事業拡大と共に社内システムは複雑化し、その結果企業が抱えるシステム管理コストは年々増加の一途を辿っております。「Secured AccountOne」は元々、ソフトバンクグループのアカウント管理・運用を行う中で管理工数削減を目的として開発され、この導入により管理コストは3分の1に激減しました。そしてこのような背景を受け、日本版SOX法対応機能等を強化、「Secured AccountOne Ver3.0」として発売することになりました。

<「Secured AccountOne Ver3.0」の4つの強力なアカウント管理機能>
①アカウントプロビジョニング
人事情報と連携し、各種システムのワンストップ&シームレスなアカウント管理・権限管理を実現します。ファイルサーバやグループウェアなど、他のシステムとの自動連携が可能なため、システムごとにアクセス設定を行う必要がなくなります。

②職務分掌管理機能(ポリシー管理機能)
部署や役職、雇用形態といった条件ごとにアクセス権限を一度初期設定すれば、以降は社内の職務権限に沿ったアクセス権限コントロールが自動で適用されます。ルールの一括適用により、変更にももれなく対応でき、完全なアクセスコントロールが実現します。

③申請ワークフロー機能
紙ベースの申請をすべてなくし、使い慣れたブラウザからの申請ワークフローを実現することで、社員が自分で申請できるようになり、総務部門やアカウント管理者の手間が大幅に減少します。
申請経路を自社のフローに合わせて自在に設定することや、申請や却下理由などのコメントを追加、申請者や承認者に自動でメール送付することも可能です。

④アカウント監査機能
「誰が・いつ」「どんなアカウントを利用したか」「アカウント発行を許可したのか」などを確認することができます。「あるべき権限(職務分掌)」と実際に設定されている「システム権限の整合性」をチェックする『監査機能』を装備し、日本版SOX法におけるアカウント監査をカバーします。また、セキュリティインシデント発生時のレポートや通常の月次レポートなど、利用場面に応じたレポート機能も装備しております。

またこれらの機能に加え、「Secured AccountOne Ver3.0」は、日本版SOX法対応機能への注力や使いやすさといった以下の3点を特長としております。

①日本版SOX法対応機能に注力
使用頻度の低い機能は思い切って切り捨て、本当に必要な職務分掌管理機能やアカウント監査機能等、日本版SOX法対応機能の充実に注力することで、他社同等製品の約半額で提供しております。

②あらゆるビジネスシーンに適応可能な拡張性
アイデンティティ管理システム導入後も、企業規模拡大に伴って様々なシステムが導入されると予想されます。「Secured AccountOne Ver3.0」はVB.NET(*1)ベースで開発可能な接続モジュールの外部インターフェース(API(*2))を公開しておりますので、容易に新システムと連携、拡張させることができます。

③直感的な操作環境
Ajax(*3)を利用して、直感的に操作できるユーザインターフェースを提供しております。特別な知識や操作技術を習得する必要がなく、管理者のトレーニングコストとユーザの操作ストレスを減らし、快適な管理環境を実現します。

販売初年度の2007年度は、6億円の販売実績を目標としており、販売後3年間で売上30億円、導入実績100社を目標としております。


<価格・ライセンス体系>
本製品は、利用ニーズに応じてStandard ライセンスとEnterpriseライセンスの2タイプのライセンス体系をご用意しています。

パッケージ製品 ユーザテーブル 標準価格(税抜)
Secured AccountOne 3.0 Standard ライセンス
300ユーザライセンス 1,000,000円
1,000ユーザライセンス 3,000,000円
3,000ユーザライセンス 7,000,000円
Secured AccountOne 3.0 Enterprise ライセンス
3,000ユーザライセンス 10,500,000円
5,000ユーザライセンス 14,700,000円
10,000ユーザライセンス 22,500,000円
各モジュールライセンス 一律ライセンス 1,200,000円

<製品紹介URL>
(リンク »)

(*1)VB.NET (Microsoft Visual Basic.NET)
マイクロソフト社が開発したプログラミング言語。プログラミング初心者にも比較的使いやすいといわれているが、本格的なソフトウェアの作成にも使用できる。
(*2)API(Application Programming Interface)
あるプラットフォーム(OSやミドルウェア)向けのソフトウェアを開発する際に使用できるプログラミング・インタフェースのこと。
(*3)Ajax(Asynchronous JavaScript + XML)
Webブラウザに実装されているJavaScriptのHTTP通信機能を使って、Webブラウザ上で既存の枠組みにとらわれないインターフェースを実現するための技術。


以上

■会社概要
【ソフトバンク・テクノロジー株式会社】
社名 :ソフトバンク・テクノロジー株式会社
代表者 :代表取締役社長 石川 憲和
本社 :東京都新宿区西五軒町13-1飯田橋ビル3号館
U R L : (リンク »)
設立 :平成2年10月16日
資本金 :634百万円(平成19年3月末現在)
従業員 :404名(連結 平成19年3月末現在)
売上高 :30,302百万円(連結 平成18年4月1日~平成19年3月31日)
市場 :東京証券取引所市場第一部
事業内容 :ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、ネットワーク、セキュリティ、アプリケーションなどのシステム構築・運用サービスを提供する「Solution事業」、eBusiness事業者向けのアウトソーシング、ASPサービスを提供する「eBusiness Service事業」およびセキュリティシステムの構築・運用等のサービスを提供する「Secured System Management Service事業(ASP Enabling)」を展開しています。ネットワークインテグレーション、システムインテグレーション双方の技術をバランスよく持つことによって、無駄なく一貫したサービスを提供することができます。⇒NiとSiを因数分解する!Ni+Si=(N+S)i

・AccountOne、ASP Enablingは、ソフトバンク・テクノロジーの登録商標です。
・その他記載されている社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問合せ先:

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
【報道関係のお問い合わせ】
広報IR室
TEL: 03-5206-3316 FAX: 03-5206-3382
Email:sbt-pr@softbank.co.jp

【一般のお問い合わせ】
営業本部 マーケティンググループ
TEL: 03-5206-3340 FAX: 03-5206-3386
Email: sbt-ipsol@softbank.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?