内部統制セミナー 「これで十分!戦略的内部統制構築のすすめ」を開催

~最小限のコストで最大限の成果を得るために~ 公認会計士と内部統制コンサルタントが制度対応の秘訣とポイントをわかりやすく解説

株式会社網屋(AMIYACorporation) 2007年10月23日

J-SOXサービスプロバイダの株式会社網屋 (東京都中央区、代表取締役 伊藤 整一)は、来る11月14日(水)に「これで十分!戦略的内部統制構築のすすめ」と題して、内部統制セミナーを開催いたします。

網屋は、過度に「重装備」にならず、企業規模や業種・業態に見合った「コンパクトな内部統制構築」を提唱しています。

本セミナーでは、内部統制はどこまでやればいいのか、最小限のコストで最大限の効果を得るためにはどうしたらよいか…。実例に即して、公認会計士および内部統制コンサルタントが、制度対応の秘訣や注意するポイントについてわかりやすくご説明します。
また、両者をパネリストとして、現場担当者が遭遇する実務上の苦労や注意すべき点、運用まで見据えた構築のノウハウをディスカッション形式でもご紹介します。

_____________________
◆セミナー開催概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
詳細は以下でご覧ください。
(リンク »)

◇名 称:内部統制セミナー 「これで十分!戦略的内部統制構築のすすめ」
     ~最小限のコストで最大限の成果を得るために~
◇主 催:株式会社網屋

◇日 時:2007年11月14日(水) 14:00~17:00 (13:30 受付開始)
◇会 場:ベルサール九段 ROOM3
     東京都千代田区九段北1-8-10  3階
(リンク »)  (地図)

◇対 象:IT全般統制を検討・推進しなければならない情報システム担当者/ネットワーク管理者
◇参加費 :無料 (定員50名)

◇申し込み/問合せ:セミナー事務局 亀井/芹澤  
TEL : 03-3552-1331 / e-mail : seminar@amiya.co.jp


_____________________
◆プログラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◇第1部
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「内部統制構築フレーム作りの秘訣」   
講師: 小倉親子氏 (公認会計士)

・制度対応の秘訣:やり過ぎない対応とは?
・制度対応のゴール:どこまでやればいいのか?
・制度対応のスケジュール:間に合わせるには?
・制度の監査:監査人へのアプローチのポイント


◇第2部
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「IT統制のエッセンス ~今期をいかに乗り切り来期に加速させるか~」
講師: 柴崎正道氏 (内部統制コンサルタント)

・「過度の文書化を避ける」といわれたが?
・どこまでやればいいのか?
・失敗事例
・成功事例


◇第3部 パネルディスカッション
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
実務経験豊富な会計士とコンサルタントをパネリストとして、現場担当者が遭遇する実務上の苦労や注意すべき点、運用まで見据えた構築のノウハウをディスカッション形式でご紹介いたします。


_____________________
■ 株式会社網屋について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
1996年12月に設立された株式会社網屋は、企業の内部統制に関わる業務をトータルに支援するソリューションを提供しています。監査製品の販売をキーに総合的なコンサルテーションやセキュリティシステムの構築運用支援まで幅広くビジネスを展開しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社網屋(AMIYACorporation)の関連情報

株式会社網屋(AMIYACorporation)

株式会社網屋(AMIYACorporation)の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?