中国におけるオンラインゲーム「RAPPELZ」(ラペルズ)の 商業化開始についてのお知らせ

株式会社ガーラ 2008年02月12日

当社連結子会社NFLAVOR CORP.(エヌフレーバー、韓国ソウル市)の開発したオンラインゲーム「RAPPELZ」(ラペルズ)の中国語版サービスの商業化を2008年2月5日より開始いたしましたので、下記の通りお知らせします。

1.「RAPPELZ」サービスの概要
当社連結子会社NFLAVOR CORP.は、現地パートナーであるLEIQIONG INTERNET SCIENCE AND TECHNOLOGY CO.LTD.(北京雷大空ネットワーク科学技術有限公司、中国北京市)と「RAPPELZ」の中国語版に関するライセンス契約を締結し、2008年1月15日より「RAPPELZ」( (リンク ») )のオープンβ版サービス提供を開始しており、この度、2008年2月5日より商業化を開始いたしました。
中国での反響は予想以上に高く、同時接続者数が一時17,000CCUまでに上り、また、中国のゲーム情報サイト「17173.com」( (リンク ») )のオンラインゲームダウンロードランキングにおいて、開始直後に人気ランキングが第3位。本日のランキングも第8位と、現在も上位に位置しています。3月には本格的にプロモーションを開始する予定です。

2.今後の取組み
当社グループは、新規ゲームおよび新規エリア(海外)での事業展開における業績予想が極めて困難であることから、業績予想の公表を差し控えさせていただいております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ガーラの関連情報

株式会社ガーラ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!