「インド自動車市場2008」を販売開始

自動車市場、自動車部品市場、自動保険等関連市場の動向

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2008年02月20日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社ディーアールアイが提供する調査レポート「インド自動車市場2008」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成20年2月20日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「インド自動車市場2008」を販売開始

~自動車市場、自動車部品市場、自動保険等関連市場の動向~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社ディーアールアイが提供する調査レポート「インド自動車市場2008」の販売を開始しました。

詳細ページ: (リンク »)


■■ 資料概要 ■■

インドは人口の増加、資本の増加、労働生産性の増加などを起因として、過去5年間GDP 8-9%の経済成長を成し遂げ、自動車産業はモータリゼーション期を迎えています。これを人間の成長期に例えるならば、人体が子供から大人へと急激に発達する際に、骨だけでなく、それを支える周囲の筋肉や神経組織も平行して発達するのに似ています。自動車市場でいえば、幹線道路などのインフラの発展は需要を刺激し、自動車ローンや自動車保険は消費者の購買意欲を金融面や安心面から促進するなど、成長産業はその周辺分野と同時に伸びていきます。

そこで「インド自動車市場2008」は既存の調査レポートが焦点を当ててきた自動車市場の動向(販売高、生産高、輸出高等)や自動車メーカーの動向(戦略、提携、研究開発、商品、販売拠点、製造拠点)を分析するとともに、インドの自動車市場の発展を支える周辺市場(ローン、保険、道路インフラ)の仕組みやプレーヤーも含めて包括的に解析し、多面的な視点からインド自動車市場を理解できるような内容に構成いたしました。また自動車部品市場に関しては各部品分野別(18品目)の市場規模やマーケットシェアを算出し、シェア上位企業の戦略を分析しております。


■■ 各章概要 ■■

第1章 自動車市場の動向
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同章ではインドの自動車市場をカテゴリー別(乗用車、商用車、三輪車、二輪車)に分け、各々の販売台数、生産台数、輸出台数の推移を分析。また2007-08年の国内販売の動向をカテゴリー別に分析し、企業別の販売台数とシェアも掲載。

第2章 企業別二輪車メーカーの動向と戦略
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同章では各自動車メーカー(三輪車と四輪車)の動向を主要商品、経営実績、提携・研究開発、将来展望・戦略の項目に分けて解説。また各社の動向については2008年1月にデリーのAuto Expoで発表されたTata Motorsの10万ルピーカー(Nano)の反響やMahindra & Mahindraと日産・ルノーの合弁工場建設プロジェクトの解消発表など、2008年2月初旬までに発表された最新情報をカバー。また分析している自動車会社はMaruti SuzukiやGM Indiaなどの実績のあるメーカーだけでなく、2007年から市場参入したMahindra RenaultからPorsche Car Indiaのような高級車メーカー、電気自動車で欧州に進出しているREVA Electric Carまでインド国内で活動している計30社を掲載。

第3章 企業別二輪車メーカーの動向と戦略
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同章では各二輪車メーカーの動向を主要商品、経営実績、提携・研究開発、将来展望・戦略の項目に分けて分析。掲載企業Hero Honda Motors、Bajaj Auto、TVS Motor、Honda Motorcycle & Scooterの大手4社を含む計10社を掲載。

第4章 インド自動車部品市場の動向
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同章では自動車部品市場を各部品別に18品目(ピストン、ラジエーター、車軸、ブレーキライング等)に分類し、市場規模推移(2001-2006)と部品別の生産高、販売高、輸出高を提示し、企業別の販売高とマーケットシェアを分析。

第5章 自動車部品メーカーの動向と戦略
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同章では各部品メーカーの動向を主要商品、経営実績、提携・研究開発、将来展望・戦略の項目に分けて分析。対象企業は18品目に分析した各部品別シェアトップ企業(主に上場企業)を中心に計31社を掲載。

第6章 インドの自動車ローン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インドの自動車ローンはMaruti、Fiat、Ford、などのメーカーやCityicorpなどの外資の参入により、近年幅広いタイプの商品が提供され自動車需要を後押ししています。同章では自動車ローンの仕組みと、有力金融機関10社の自動車ローン(期間、条件、資格、提出書類等)について解説。

第7章 インドの自動車保険
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インドの損害保険市場は年間15-20%で伸びる成長市場で、その主力商品は旺盛な自動車需要が牽引する自動車ローンです。1993年からは民間企業にも営業が解放され、東京海上日動保険やAllianz SE等、近年は外資の参入が活発になっています。同章では自動車保険市場の概要、自動車保険の種類と主要企業(公営企業4社と民間企業8社)の業績を解説。

第8章 インドの道路整備状況
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インドの高度経済成長を支える基盤は道路であり、遅れている国道開発の整備が自動車産業のボトルネックになっています。同章ではインド政府が急ピッチで進める第1-2次国道開発計画(黄金の四辺形と北南・東西回廊)の進捗状況、第3-7次国道計画(2014年までの開発計画)、現在の道路インフラ(道路区分別総延長距離、舗装率、道路密度)などを解説。


■■ 資料目次 ■■

第1章 インド自動車市場の動向
 1. 販売台数、生産台数、輸出台数の推移
  (1)国内販売台数の推移
  (2) 自動車生産台数の推移
  (3) 自動車輸出台数の推移
 2. 国内販売台数予測(2008年)
  (1)国内販売台数(2007年4月-12月)
  (2) 2008年度国内販台数売予測
 3. 企業別販売台数
  (1) 乗用車企業別販売台数とシェア
  (2) 商用車企業別販売台数とシェア
  (3) 三輪車企業別販売台数とシェア
  (4) 二輪車企業別販売台数とシェア

第2章 企業別自動車メーカーの動向と戦略
 Ashok Leyland Limited.
 Atul Auto Ltd.
 BMW India Pvt. Ltd.
 Eicher Motors Ltd.
 Fiat India Pvt Ltd.
 Force Motors Ltd.
 Ford India Pvt Ltd.
 General Motors India.
 Hindustan Motors Ltd.
 Honda Siel Cars India Ltd.
 Hyundai Motor India Ltd.
 International Cars & Motors Ltd.
 Isuzu
 Mahindra & Mahindra Ltd.
 Mahindra Renault Ltd.
 Maruti Suzuki India Ltd.
 Mercedes-Benz India Pvt. Ltd.
 Nissan Motor India Private Ltd.
 Piaggio Vehicles Pvt Ltd 
 Porsche Cars India Private Limited.
 Premier Ltd.
 REVA Electric Car Company Pvt. Ltd.
 Swaraj Mazda Ltd.
 Scooters India Ltd.
 SkodaAuto India Pvt Ltd.
 Tata Motors Ltd.
 Tatra Vectra Motors India Ltd.
 Toyota Kirloskar Motor Pvt Ltd. 
 Volkswagen India Private Limited.
 Volvo India Pvt. Ltd.

第3章 企業別二輪車メーカーの動向と戦略
 Bajaj Auto Ltd.
 Hero Honda Motors Ltd.
 Honda Motorcycle & Scooter India Pvt Ltd.
 Kinetic Motor Company Ltd.
 LML Limited
 Majestic Auto Ltd.
 Royal-Enfield -Unit of Eicher Motors Ltd.
 Suzuki Motorcycle India Pvt Ltd.
 TVS Motor Company
 Yamaha Motor India Pvt Ltd.

第4章 インド自動車部品市場の動向
 1. 部品市場の動向と規模
 2. 部品分野別の市場動向
  (1) ピストン
  (2) ピストンリング
  (3) ガスケット
  (4) 自動車バルブ
  (5) キャブレター
  (6) ラジエーター
  (7) 燃料噴射ポンプ、ノズル、ノズルホルダー
  (8) クランクシャフト
  (9) 始動モーター
  (10) クラッチ組立、プレート、ディスク
  (11) ステアリングギア
  (12) 自動車用歯車(冠歯車含む)
  (13) 車軸
  (14) リーフスプリング
  (15) ショックアブソーバー
  (16) ブレーキアッセンブリー
  (17) ブレーキライニング
  (18) 時計

第5章 企業別自動車部品メーカーの動向と戦略
  Automotive Axles Limited
  Bharat Forge Ltd 
  Banco Products Ltd. 
  Bharat Gears Limited.
  Bosch Chassis Systems India Ltd.
  Clutch Auto Ltd.
  Delphi TVS Diesel Systems Ltd.
  Denso India 
  Escorts Ltd.
  FCC Rico Limited.
  Federal-Mogul Goetze India 
  Gabriel India Ltd.
  India Pistons Limited 
  Jai Parabolic Springs Ltd.
  Jamna Auto Industries Ltd.
  KAR Mobiles Limited. 
  Lucas-TVS Ltd.
  Motor Industries Co. Ltd. 
  Munjal Showa Ltd.
  Perfect Circle India 
  Rane Brake Linings
  Rane Engine Valves 
  Shanthi Gears Limited
  Sona Koyo Steering Systems Ltd
  Sundaram Brake Linings Ltd.
  Talbros Automotive Components 
  Tata Toyo Radiator Limited
  Timex Watches
  Titan Industries
  UCAL Fuel Systems
  ZF Steering Gear (India) Ltd. 

第6章 インドの自動車ローン
 1.自動車ローンの普及
 2.元金と金利の計算方式
  (1) 月額均等返済(Equal Monthly Installment)
  (2) 月末残額方式と年末残額方式
 3.ローンの支払方式
  (1) 証拠金方式(Margin Money Schemes)
  (2) 手付金方式(Security Deposit Schemes)
  (3) 加速分割方式(Advance EMI Schemes)
  (4) 手数料方式(Processing Fees )
  
 4. 有力金融機関
  (1) Citicorp Maruti
  (2) Fiat Sundaram Auto Finance Limited
  (3) The Housing Development and Finance Corporation
  (4) ICICI Bank India
  (5) Kotak Mahindra Primus Ltd.
  (6) THE SARASWAT CO-OP. BANK Ltd.
  (7) Standard Chartered Bank India
  (8)Tata Motor Finance
  (9) Sundaram Finance Ltd.
  (10) Citibank

第7章 インドの自動車保険
 1. 業界概要
 2. 自動車保険の種類
  (1) 二輪車保険
  (2) 自動車保険
 3.損害保険会社一覧(自動車保険取扱い業者)
  (1)公営企業
  (2)民間企業
 4. 損害保険会社業績(元請保険料)

第8章 インドの道路整備状況
 1. 第1-2次 国道開発計画(黄金の四辺形と北南・東西回廊)
 2. 第3-7次国道計画(将来の国道開発計画)
 3. 道路インフラの現状

企業索引


■■ 表目次 ■■

[表1.1] 国内販売台数推移表(2002-2007年)
[表1.2] 自動車生産台数推移(2002-2007年)
[表1.3] 自動車輸出台数推移(2002-2007年)
[表1.4] 国内販売台数推移表(2007年4月-12月)
[表1.5] 2008年度国内販台数売予測数表
[表1.6] 乗用車企業別販売台数とシェア(2007年4-12月)
[表1.7] 商用車企業別販売台数とシェア(2007年4-12月)
[表1.8] 三輪車企業別販売台数とシェア(2007年4-12月)
[表1.9] 二輪車企業別販売台数とシェア(2007年4-12月)
[表4.1] 自動車部品市場規模推移(2001-2006年)
[表4.2] ピストン主要統計
[表4.3] ピストン企業別販売高
[表4.4] ピストンリング主要統計
[表4.5] ピストンリング企業別販売高
[表4.6] ガスケット主要統計
[表4.7] ガスケット企業別販売高
[表4.8] 自動車バルブ主要統計
[表4.9] 自動車バルブ企業別販売高
[表4.10] キャブレター主要統計
[表4.11] キャブレター企業別販売高
[表4.12] ラジエーター主要統計
[表4.13] ラジエーター企業別販売高
[表4.14] 燃料噴射ポンプ、ノズル、ノズルホルダー主要統計
[表4.15] 燃料噴射ポンプ、ノズル、ノズルホルダー企業別販売高
[表4.16] クランクシャフト主要統計
[表4.17] クランクシャフト企業別販売高
[表4.18] 始動モーター主要統計
[表4.19] 始動モーター企業別販売高
[表4.20] クラッチ組立、プレート、ディスク主要統計
[表4.21] クラッチ組立、プレート、ディスク企業別販売高
[表4.22] 主要統計ステアリングギア
[表4.23] ステアリングギア企業別販売高
[表4.24] 自動車用歯車主要統計
[表4.25] 自動車用歯車企業別販売高(冠歯車含む)
[表4.26] 車軸主要統計
[表4.27] 車軸企業別販売高
[表4.28] リーフスプリンング主要統計
[表4.29] リーフスプリング企業別販売高
[表4.30] ショック・アブソーバー主要統計
[表4.31] ショックアブソーバー企業別販売高
[表4.32] ブレーキアッセンブリ主要統計
[表4.33] ブレーキアッセンブリー企業別販売高
[表4.34] ブレーキライニング主要統計
[表4.35] ブレーキライニング企業別販売高
[表4.36] 時計部品主要統計
[表4.37] 時計企業別販売高
[表7.1] 損害保険会社業績推移(2001-2006年)


■■ 概要 ■■

資 料 名:インド自動車市場2008
発 刊 日:2008年2月15日
発   行:株式会社ディーアールアイ
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:カラー印刷・317頁
価   格:
    ■ハードコピー版
     126,000円(税抜120,000円+消費税6,000円)別途送料500円
    ■CD-ROM(PDF:シングルライセンス)版
     199,500円(税抜190,000円+消費税9,500円)別途送料500円
    ■CD-ROM(PDF:コーポレートライセンス)版
     294,000円(税抜280,000円+消費税14,000円)別途送料500円

詳細ページ: (リンク »)


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?