Joe'sウェブホスティング、EC-CUBEの最新版へのバージョンアップ機能を無償で提供開始

株式会社Joe'sウェブホスティング 2008年03月04日

From DreamNews

1月21日にMySQL版、2月1日にPostgreSQL版のEC-CUBEの自動インストール機能の提供(無償)を開始したJoe'sウェブホスティング(EC-CUBEのオフィシャルパートナー)は、3月1日からさらにEC-CUBEの自動アップデート機能の提供を開始した。自動インストール機能と同様、ルート権限つきの専用サーバーなどを除く90%以上のユーザに対して無償で提供される。

報道機関各位

プレスリリース                        2008年03月4日

株式会社 Joe'sウェブホスティング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Joe'sウェブホスティング、EC-CUBEの最新版へのバージョンアップ機能を無償で提供開始

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 株式会社Joe'sウェブホスティングは、2008年1月より、国産のオープンソースのショッピングカートと
して最近広く利用されるようになったEC-CUBEのオフィシャルパートナーとなりました。その後、1月21日に
MySQL版、2月1日にPostgreSQL版のEC-CUBEの自動インストール機能の提供を開始しました。現在、
ルート権限つきの専用サーバーなどを除くホスティング契約の90%以上のユーザ(フルマネージド専用サー
バーに相当するJoe'sの素、および全共用サーバー、月額1,575円から)に対して無償で提供されています。
インターフェイス、拡張性などでメリットがある反面、「EC-CUBEのインストールをスムーズに」というサイト開
発者の声にこたえるものでした。


 このたび、最新版への自動アップデート機能をやはり、Joe'sウェブホスティングのユーザに無償で提供する
ことになりました。このアップデート機能は、EC-CUBEの開発元である株式会社ロックオンですでに提供
(月額3,570円)されています。しかし、契約ホスティングユーザに限定するものの、無償としての提供は他に
例がないものと思われます。また、アップデートの前に十分に検証し、影響を及ぼす可能性がある場合には、
ユーザに事前に連絡する、バックアップをとるなど、十分な安全性・信頼性を前提とするものです。


 この他、2008年4月からは、Joe'sビジネスセンター大阪(  (リンク »)  )で、2008年
10月からは、Joe'sビジネスセンター東京(  (リンク »)  )で、EC-CUBEを用いたショッピ
ングカートのサイトの構築に関して、セミナーを開催する予定です。


連絡先:
株式会社Joe'sウェブホスティング 技術サポートチーム 担当:内海
support@joeswebhosting.net
電話:06-6345-6070


■EC-CUBE

EC-CUBEは、日本発のECオープンソースとして昨年9月にリリース、カスタマイズの柔軟性や、誰にでもわか
りやすい管理画面のユーザーインターフェースに高い評価を得、新しいECサイトの構築手法として、順調に
ユーザ数を増やしている。
・EC-CUBEオフィシャルサイト URL:  (リンク »)
・EC-CUBE開発コミュニティ URL:  (リンク »)
・EC-CUBEマニュアルサイト URL:  (リンク »)


■株式会社Joe'sウェブホスティング概要
会社名:株式会社Joe'sウェブホスティング
大阪本社およびJoe'sビジネスセンター大阪
〒530-0001大阪市梅田1-11-4大阪駅前第4ビル9F
東京支店およびJoe'sビジネスセンター東京
〒107-0062東京都港区南青山2-11-13南青山ビル4F
代表者:鈴木禎子(すずきていこ)
設立:2002年12月
事業内容
レンタルサーバーサービス  (リンク »)
SSL証明書サービス  (リンク »)
バーチャルオフィス  (リンク »)   (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR