ファルコンストアとソフトバンクBB、仮想テープライブラリの新製品「VTL-S/V」の 国内独占販売契約を結び、中小企業向けVTL市場の開拓を開始

De-dupe(重複除外)機能とリモートテープレプリケーション機能を搭載した 「VTL-S」、「VTL-V」を6月1日より販売開始

ファルコンストア・ジャパン株式会社 2008年05月22日

FalconStor Software,Inc.(本社:ニューヨーク州 メルビル、NASDAQ:FALC)および日本法人のファルコンストア・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、カントリーマネージャー:山中義晴、以下 ファルコンストア)は ソフトバンクBB株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:孫 正義、以下 ソフトバンクBB)と、2008年6月1日よりファルコンストアが提供開始する「Virtual Tape Library」(以下 VTL)の新製品 「VTL-S」および「VTL-V」の国内流通市場における独占販売契約、およびサポートセンター設立などの共同販売戦略について合意しました。

ファルコンストアのVTLは、管理コストがかかるテープバックアップシステムのコスト削減に繋がるソリューションとして機能面、実績面でもユーザーから高い評価を受けています。このたび、重複除外 (De-dupe)機能とリモートテープレプリケーション機能を搭載した低価格モデルである「VTL-S」(Linux版)および「VTL-V」(VMware版)を投入することにより、より早く、正確に、大容量のバックアップ取得を可能にします。さらに、お客さまが既に導入している他のバックアップシステムと連携しながら行う統合バックアップ体制の確立にも役立ちます。


両社は、今後、技術トレーニング、サポートを含む強力な販売体制を共同で確立し、幅広いユーザー層を対象として、低コストでの構築、効率的な運用が可能なバックアップソリューションを、ソフトバンクBBの販売代理店を通じてご提供してまいります。


ファルコンストアとソフトバンクBBは、今後、VTL製品の積極的な販売活動を進めることで、幅広いユーザー層に使いやすい製品を提供し、バックアップ市場におけるVTLソリューションのラインアップ拡充と利用促進に取り組んでまいります。



■共同販売戦略の内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1. VTL-SおよびVTL-Vの日本国内流通市場における独占販売契約
2. ファルコンストア・サポートセンター設立によるリセラーおよびエンドユーザ向け技術サポートの強化
3. ファルコンストア統合バックアップシステムおよびVTL製品のトレーニングコースの共同運営
4. ソフトバンクBBリセラー向け特別販売支援プログラムの共同運営



■ファルコンストアVTL-S及びVTL-Vについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ファルコンストアVTL-Sシリーズ(Linux版)およびVTL-Vシリーズ(VMware版)は、VTL市場において注目度が高い重複除外機能(De-Dupe)を搭載した、世界シェアNo.1のファルコンストアVTLを中規模市場向けにパッケージ化した低価格ソリューションです。
VTL-SシリーズおよびVTL-Vシリーズの利用により、テープバックアップシステムを利用しているユーザーは、テープ管理本数の減少および、リモートテープレプリケーションが可能になり、管理コストや運用負荷を大幅に軽減することができます。



■標準希望販売価格
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
製品名 / DeDupe領域( ※1) / 標準希望販売価格(税抜)
………………………………………………………………………………
VTL-S24 / 10TB (200TB相当) / ライセンス料金 5,000千円
/ 保守サービス料金 (※2) 1,000千円
------------------------------------------------------------
VTL-S12 / 5TB (100TB相当) / ライセンス料金 2,500千円
/ 保守サービス料金 500千円
------------------------------------------------------------
VTL-V5 / 3.5TB (70TB相当) / ライセンス料金 833千円
/ 保守サービス料金 166千円
------------------------------------------------------------
VTL-V3 / 2TB (30TB相当) / ライセンス料金 583千円
/ 保守サービス料金 117千円
------------------------------------------------------------
Replication Option 遠隔レプリケーション用ソリューション
/ ライセンス料金 417千円 / 保守サービス料金 83千円
------------------------------------------------------------

※1( )内の想定値は20:1のDe-dupe率を基準に算出した最大データ保管容量です。

※2 上記製品ライセンス購入の際は保守サービスも併せてご購入いただくことが必須です。
保守サービスの内容は、1年間のライセンスのメジャーバージョンアップは除く、メンテナンス用のアップデートと電子メール、電話による技術サポートです。
受け付け時間:平日9:30~18:00(日本時間、祝日ならびに指定休日を除く)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!