ワイヤレス技術による米国病院の救済の可能性

株式会社グローバル インフォメーション 2008年06月06日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Kalorama Informationの発行する最新の英文調査報告書「Wireless in Healthcare 2008 」の販売を開始いたしました。

1975年には7,000を超えていた米国の病院数は、過去30年間で20%減少し、2007年には5,747まで減少しました。その間、スタッフの不足、Medicareの償還額の削減、未払い患者、医療ミスの増加、管理コスト・エネルギーコストの増大などが病院経営を圧迫してきました。こういった課題に対処し、プロセスを合理化し、コストを削減するため、病院はワイヤレス技術の利用にますます目を向けています。
ライフサイエンス市場の調査を専門とする米国の調査会社Kalorama Information社が発行した調査報告書「Wireless in Healthcare 2008 (The Market for Bluetooth, RFID, Zigbee, UWB WWAN, WMAN, WLAN and other technologies)」によれば、医療部門におけるワイヤレス技術の利用は拡大を続けており、病院がその先導となっていると伝えられています。2007年の医療部門におけるワイヤレス関連の売上は、2005年から年間22.9%の成長となる27億米ドルに達しました。この売上は今後もCARG29.5%で力強く成長し、2012年には96億米ドルの売上規模に達すると同社は予測しています。


【 英文市場調査報告書 】

Wireless in Healthcare 2008 (The Market for Bluetooth, RFID, Zigbee, UWB WWAN, WMAN, WLAN and other technologies)

医療におけるワイヤレス技術:2008年

(リンク »)

出版社Kalorama Information

出版日2008/05


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR