インフラジスティックスがMicrosoft Silverlight2 Beta2 対応CTP UI コンポーネントをリリース!

~Silverlight業務アプリケーション開発でのデータ可視化を可能に~

インフラジスティックス・ジャパン株式会社 2008年06月10日

[東京・2008 年6 月 10 日]
プレゼンテーションレイヤ開発ツールの世界最大の開発元であるインフラジスティックスは、Microsoft Silverlight2 Beta2 に対応する2 つのCommunity Technology Preview (CTP) UIコンポーネントの即時の提供を発表した。Silverlight2 Beta2 対応チャートおよびゲージコンポーネントのリリースで、インフラジスティックスは今までにない新しいテクノロジーのユーザ エクスペリエンスを作り出した。


CTP のダウンロードはこちら : (リンク »)


マイクロソフトのグループ プロダクト マネジャーである Brian Goldfarb 氏は、「ウェブアプリケーションの開発を進歩させる Silverlight の重要なカギの1 つはデータの可視化です。これら2 つのCTP コントロールで、インフラジスティックスが、データの可視化がどのように Silverlight で、リッチ インタラクティブ アプリケーションによる体験型ユーザー エクスペリエンスを作成できるかを実証します。」と述べた。


Silverlight 対応のインフラジスティックス チャートおよびゲージ コントロールは、開発者がデータをインフォメーション ダッシュボードに変容することを可能にする。28 のチャートタイプを含むチャート コントロールは、予測、トレンド分析、およびレポートのような最も一般的で、なおかつ難題とされるビジネス シナリオをカバーしている。またゲージにおいては、データをパネルのように表示し、データを可視化することにおいて重要な要素であり、開発者がダッシュボード主導のアプリケーションやデータを今までにない直観的な方法で表示することを可能にする。
インフラジスティックスの代表取締役兼最高経営責任者(CEO)Dean Guida 氏 は、「インフラジスティックスは、開発者に複数プラットフォームにわたるリッチなユーザー エクスペリエンスを提供します。我々は、それを Silverlight へも拡張しています。ビジネス アプリケーションのデータ可視化を可能にすることが、我々の Silverlight 向けツールのゴールなのです。」と述べた。

このプレスリリースの付帯情報

Silverlight CTP

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インフラジスティックス・ジャパン株式会社の関連情報

インフラジスティックス・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR