VMware仮想マシンで稼動する メールセキュリティ仮想アプライアンス「Sentrion MPV」を発売

ゲートウェイ、スパム/ウィルス対策、情報漏えい対策など実績のあるソリューションを統合 複数ドメインを管理・運用するISPや大企業/グループ会社に画期的な効率をもたらす

センドメール株式会社 2008年08月26日

センドメール株式会社(本社:東京都港区、社長 小島 國照)は、メーサーバおよびメールセキュリティなどのメッセージング環境を、VMwareの仮想インフラ上で動作する高性能なメールセキュリティ仮想アプライアンス「Sentrion MPV (セントリオンMPV)」として、12月末に販売開始予定です。

「Sentrion MPV」は、ゲートウェイ管理、スパム/ウィルス対策、送信ドメイン認証、情報漏えい対策など、ポリシーベースのメッセージ処理・ルーティングのための複雑な要件に対応するソリューションをMPE (Message Processin Eingine)として統合しており、使い易いGUIで管理することが可能です。


企業の情報システムにおける仮想化技術の活用が進行する中、仮想サーバは登場した当初と比べてその性能が向上し、メールシステム用途にも十分な性能を提供するようになりました。
メールセキュリティ仮想アプライアンス「Sentrion MPV」は、ハードウェアコストの低減と効率活用、消費電力を含む運用コスト削減など、仮想サーバのメリットをメッセージング環境にもたらし、センドメールが提供する
高性能かつ高精度なメールセキュリティソリューションの導入・運用が非常に容易になります。
特に、ISP各社は、ユーザ企業ごとに複数のドメインを管理・運用しており、ドメインごとのサービス設定を作りこむ必要があるためサービスインやサービス内容変更などに時間がかかっていました。
これに対して、1台の物理コンピュータ上に複数の仮想マシンを並列で動作させることができる仮想インフラにより、「Sentrion MPV」は、1ドメインに1つの仮想マシンを割り当て、導入、変更などが非常にスムーズに行えます。また、事業部ごとに固有のドメインを持ち、ドメインごとに異なるメールポリシーを設定・運用している大企業や、グループ会社にも同様のメリットをもたらします。


さらに、ハードウェア障害などで運用継続が不可能になった場合は、「Sentrion MPV」を別のサーバですぐに起動することが可能なことから、ミッションクリティカルなメールシステムのバックアップ/リカバリソリューションとしても非常に有効です。


「Sentrion MPV」はオープンプライスで、センドメールのパートナー各社経由で販売され、サーバ機器や「VMware ESX Server」を組み合わせなどの提供形態は各社により異なります。
また、MPE(Message Processin Eingine)は、今回発表する仮想アプライアンスの他、ハードウェアアプライアンス、ブレードサーバアプライアンスとしても提供します。
センドメールは、アプライアンス製品全体で、初年度3.5億円の販売を見込んでいます。


…………………………………………………………………
■新製品「Sentrion MPV」の価格・発売/出荷時期など
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇販売価格:オープンプライス

※販売価格は、サポート内容など販売形態により異なりますので、
詳細は以下にあります各販売パートナーにお問い合わせください。
(リンク »)


◇発売開始:2008年12月末(予定)
◇出荷開始:2009年 1月末 (予定)


◇稼動環境:VMware ESX バージョン 3.0.2 以降


………………………………………………………………………………
■新製品「Sentrion MPV」に含まれるソフトウェアコンポーネント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「Sentrion MPV」には、MPE(Message Processin Eingine)として、以下の
ソフトウェアコンポーネントが含まれ、使い易いGUIで管理することが可能です。

(1) Mailstream Switch MTA
… 高性能メール配送エンジン


(2) Mailstream Manager
… セキュリティ管理 (Sendmail Anti-Spam, Sendmail Anti-Virusを含む)


(3) Mailstream Flow Control
… 送受信メールの高機能トラフィック制御


(4) Sendmail Directory
… メールシステムに特化した高性能LDAPサーバ


(5) Mailcenter Quarantine
… メール隔離用サーバフィルタ


(6) Authentication
… 送信ドメイン認証(DKIM, SenderID, DK)


(7) Sentrion OS


……………………………………………
■新製品「Sentrion MPV」の主な機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「Sentrion MPV」は、ポリシーベースのメッセージ処理を行うための
以下のような機能を提供します。

(1) ゲートウェイ管理
メッセージの暗号化と洗練されたコネクションコントロール


(2) インバウンドプロテクション
スパム、ウィルス、マルウェアの対策


(3) 送信ドメイン認証対応
SenderID、DKIMへの受信側の認証、および送信時のDKIM署名


(4) 情報漏洩対策
高精度のコンテンツ監視とポリシー適用
ICAP・Webmail対応


(5) イントラネットにおけるメール監視
ポリシーの適用と、MS Exchange環境の防御


…………………………………………………
■新製品「Sentrion MPV」の導入メリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆Sentrionのメリット
・ポリシー違反を高精度で検知
・All-in-oneアーキテクチャが実現する高いROI
・高いスループットを実現するハイパフォーマンス
・コンプライアンスアプリケーション提供による短期間でのサービス開始
・要求柔軟に対応できるアドオンアプリケーション


◆仮想アプライアンスのメリット
・グリーンデータセンタ”低電力消費
・マルチドメイン環境においてドメイン毎に分離する環境
・ハードウェアのより高い利用率
・オペレーションの効率化
・ハードウェアのコストの低減
・ホストOSの自由度
・システムのリカバリとバックアップの容易さ


____________
■Sendmail社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
(リンク »)
Sendmail社(Sendmail,Inc. 本社:カリフォルニア州エメリビル)は、オープンソースのメール配送エージェント(MTA:Mail Transfer Agent)の「sendmail」を開発したエリック・オールマン(Eric Allman)と、Sybase社やIntegrated Systems社で重役ポストを歴任したソフトウェア業界のベテラン、グレッグ・オルソン(Greg Olson)によって1998年に設立されました。
Sendmail社は非公開企業で、出資元としては、Morgan Stanley Dean WitterPrivate Equity、Chase H&Q、Robertson Stephens、Red Hat、Intel IA64Fund、Novell、Adobe、Network Appliances、Network Associates、ANT、Trans Cosmosなどのベンチャキャピタル投資者、企業投資者および一般投資家が名を連ねています。従業員は180人を超え、英国、ドイツ、フランス、および東京(アジア太平洋地域)に拠点を擁し、日本法人は、2003年1月に設立されました。商用版「Sendmail」は、欧米で約3万ライセンス、アジアで約1万ライセンスを出荷しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!