さくらインターネット、専有スペースを確保した複数台の専用ホスティング新サービス

~自社開発サーバの採用でコストパフォーマンスをさらに追及~

さくらインターネット株式会社 2009年07月16日

 国内最大級のバックボーンネットワークを有しインターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、専用ホスティングの新たなサービスとして、最大20台までのサーバ構成が可能な「専用サーバ Platform St」(専用サーバ・プラットフォーム・エスティー)の提供を、2009年7月29日より開始いたします。

 当社は、東京・大阪の6データセンターにおいて、専用・共用ホスティングおよびハウジングサービスを提供しております。この度、サーバのリソースを専有できるホスティングでありながら、サーバやファイアウォール、ロードバランサーが最大20台まで構成でき、ハウジング並みの拡張性を持つ「専用サーバ Platform St」を新たにサービスラインナップに加え、ホスティングサービスの更なる強化を図ります。


 IT専門調査会社IDC Japanによると、国内企業における2009年度中のIT予算は34.6%の企業が削減されると回答する一方、インフラの統合や全社最適化などシステムの抜本的な見直しには25.7%と、4社に1社程度の企業が取り組んでいる結果(*1)となっています。IT投資が抑制される中、クラウドコンピューティングと呼ばれるインターネットを経由したアプリケーションやプラットフォームの利用形態が登場するなど、IT資産の保有やサーバの設置場所を確保する必要がなく、必要なリソースを必要な分だけ確保するホスティングサービスは、今後も需要が堅調に推移するものと考えられます。


 当社は、業界の先駆けとして2007年1月に、OSやCPUリソースを専有できるサーバと、ネットワーク機器を自由に組み合わせられる専有ホスティングサービス「専用サーバ Platform」を提供してまいりました。この度、提供を開始する「専用サーバ Platform St」は、不正なアクセスを防ぐファイウォールをプランに標準で装備しながら、自社開発のオリジナルサーバを採用し既存サービスよりも料金を大幅に抑えました。サーバも最大20台まで構成でき、設置するラックスペースもあらかじめ確保するため、小・中規模から大規模までさまざまなシステム要件にも柔軟に対応が可能です。また、最低利用期間も従来の12ヶ月から3ヶ月となり、短期間の利用要求などにもお応えできるようになりました。


 当社は、今後も継続してクラウドコンピューティング時代を見据えたホスティングサービスの拡充と、データセンターの全体最適化によるコスト削減に務め、お客様にご満足いただける高品質・高コストパフォーマンスに優れたサービスの提供を目指してまいります。


 尚、「専用サーバ Platform St」の特長は以下をご覧ください。


※1 出展:IDC Japan プレスリリース「IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表」(2009年7月6日)


■所有から利用へシフトできるホスティングサービス
 ハウジングのようにデータセンターへの入局は不要で、すべて国内のデータセンターで当社エンジニアによる24時間365日の有人運用が行われます。ラックへの機器設置や、電源のオン・オフと再起動、ハードウェア障害による無償機器交換、稼動するサービス監視(HTTPやSMTPなど)により、障害検知時には管理者にアラートメールが送信されるなどの保守も含まれており、必要なインフラをインターネット経由で必要なだけ利用することができます。また、最低利用期間も従来の12ヶ月から3ヶ月へ大幅に短縮され、キャンペーン特設サイトなどの短期間利用にも最適なサービスです。


■最大20台までのサーバとネットワーク機器が自由に構成可能
 プランSでは5台、プランMでは10台、プランLでは20台までのサーバと、ネットワーク機器を自由に組み合わせてシステムを構成することができ、機器を設置するハウジングラックのスペースをあらかじめ確保するため、機器台数の増減も可能です。各プランには10M専有回線とファイアウォールが標準で組み込まれており、ロードバランサーやストレージサーバも追加選択することができます。また、インターネット回線はシステムの必要帯域に応じて100M専有回線、もしくは1000M共有回線までアップグレードが可能です。


■自社開発サーバの採用により月額利用料金を大幅に抑制
 サーバのラインナップには、当社が自社開発したオリジナルの1UハーフL型サーバを採用し月額の利用料金を大幅に抑えました。既存サービスである「専用サーバ Platform」と「専用サーバ Platform St」を比較した場合、初期費用と月額料金を加算した初年度1年間でも25%~55%程度割安な料金設定となっています。サーバにはインテル(R)Core(TM)2 Duoやデュアルコア インテル(R)Xeon(R)プロセッサーを搭載し、CentOSやRed Hat Enterprise Linux、Microsoft Windows Serverをシステム要件に応じて選択することが可能です。これにより、機器を購入することなく初期投資額を抑え、サービスのスタートアップが容易になります。


以上


■さくらインターネット株式会社について
さくらインターネットは、国内最大級の大容量・高速バックボーンと自社運営のデータセンターを所有するインターネットサービス事業者です。高品質かつコストパフォーマンスの高いレンタルサーバなどのホスティングサービスや、サーバを預かりインターネット回線へ接続するハウジングサービスを提供。優れたトラフィック配信能力からブログやSNS、動画共有サイトなどアクセスの多い人気コンテンツ事業者から多くの支持を受けています。


■会社概要
本 社:大阪市中央区南本町1丁目8番14号
設 立:1999年8月17日
資本金:8億9530万円
従業員:174名


■この報道資料の問い合わせ先
さくらインターネット株式会社 企画部 広報宣伝チーム
支 社:東京都新宿区西新宿2-7-1 新宿第一生命ビルディング 6F
TEL:03-5339-9653 FAX:03-5339-9654
E-mail:press-ml@sakura.ad.jp URL: (リンク »)


■一般のお客様の問い合わせ先
さくらインターネット カスタマーセンター
TEL:0120-775664
E-mail:support@sakura.ad.jp

このプレスリリースの付帯情報

「専用サーバ Platform St」の特長

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。