ミラポイント/イントラディンのアーカイブソリューションを有名市場調査会社がメールアーカイビングアプライアンスレポートで評価

ミラポイントジャパン株式会社 2009年08月25日

導入台数ベースで33%のシェアを獲得

セキュアメッセージングの専門ベンダである米ミラポイント(Mirapoint Software,Inc. 本社: 米カリフォルニア州)は、最近のガートナーのレポート(*)において、ミラポイントのイントラディン買収の結果が評価され、メールアーカイビングアプライアンス市場の導入台数ベースで33%のシェアを獲得したことを発表いたします。


ミラポイントのメールアーカイビングアプライアンス「RazorSafe」は、企業のメールアーカイブに求められる要件に対して、高い信頼性と、使いやすくTCO(総所有コスト)の低いソリューションとして市場をリードしています。「RazorSafe」は、2004年に米Intradyn社が発表した業界初のメールアーカイビング専用アプライアンスソリューションをベースにしており、ミラポイントは2008年にIntradyn社を買収しました。


ミラポイントのCEOであるJeff Witous (ジェフ・ウィトウス)は次のように述べています。
「ガートナーのレポートによると、2008年には、メールアーカイビングアプライアンスは91%の成長を示しています。ミラポイントがこのポジションを獲得できたのは、お客様が、アプライアンスベースのアーカイビングソリューションの簡単さ、低いTCO、そして高い信頼性が評価されていることを証明するものです。また、このレポートは、メールアーカイブアプライアンスのリーディングベンダであるイントラディンを買収したミラポイントの戦略の妥当性も証明しています。」


法的要件に基づく情報開示や最適化された検索に重点を置き設計されたRazorSafeメールアーカイブアプライアンスにより、私たちのお客様は、より効率的なリスクマネージメントを確立していただくことが可能になります。


…………………………………
(*) DiCenzo, Carolyn. “E-mail Archiving Appliances Target Small and Midsize Organizations With Limited Requirements.” January 16, 2009.
…………………………………


◆「RazorSafe」:低いTCOを実現する洗練されたソリューション
「RazorSafe」に搭載する最新のソフトウェア(v4.2)は、証拠保全(リーガルホールド)や機密通知(Confidentiality Notification)などの新しい機能を提供します。ユーザは、法的に慎重に扱うべきメールに関する事件への対応や、データ保存にまつわるポリシー強化を、より効率的に、コスト効率よく行うことができます。また、検索機能やメールへのタグ付け機能により、メールマネジメントを最適化します。

メールアーカイビングアプライアンス「RazorSafe」シリーズは、「RazorSafe 200」「RazorSafe 400」「RazorSafe 6000」の3モデルがあり、最大7TBまでのディスク容量と32GBのメモリ(RAM)を搭載して、さらに高いコストパフォーマンスを実現しており、大規模企業がTCOを低く抑えながら、コンプライアンス/監査、電子情報開示(e-Discovery)の管理、メール管理を行えるよう設計されています。


◇販売価格(メーカ希望価格)は、5,106,500円より(税別)


◇ミラポイント製品・国内販売代理店
  (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

RazorSafe 200

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。