自動車の衝突警告と軽減システム

株式会社データリソース 2011年01月18日

レーダ、ライダ、カメラによる障害検出技術

運転手の注意散漫と不注意は、道路交通事故の大きな原因であることが知られている。この問題に対処する1つの方法として、自動車の前方を絶えずモニターできるセンサを搭載して、衝突の危険が生じたら運転者に警告し、反応がなければ自動的にブレーキをかけるということがあげられる。レーダ技術の価格の下落、カメラの性能と信頼性の向上、ライダシステムの改良によって、衝突警告と回避のシステムの市場は長期的な成長期に入ろうとしている。クルーズコントロールや駐車支援などの運転者支援システムの技術との共用によって、消費者の認知が拡大し、利用価値も高まるだろう。この調査レポートは、市場での衝突回避システムの拡大を進める技術的・市場的な特徴を調査し、衝突警告と歩行者保護機能の2016年までの地域毎の市場を予測している。自動車メーカーやサプライヤの概要と、市場に影響を与える様々な要因について詳述している。


【調査レポート】
自動車の衝突警告と軽減システム:レーダ、ライダ、カメラによる障害検出技術
Collision Warning and Mitigation Systems
Radar, Lidar, and Camera Obstacle Detection Technologies
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]