『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート KONAMIのソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」ヒットの要因

株式会社リクルート 2012年05月16日

From Digital PR Platform


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』( (リンク ») )は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■「ゲームづくりのプロ」の誇りを抱き、短期間・少人数体制で質の高いリリースを果たすKONAMIのソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」ヒットの要因
――――――――――――――――――――
(株)コナミデジタルエンタテインメントのソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」(以下ドラコレ)は、登録会員数600万人以上という空前の大ヒットを記録しました。その作り手は、どんなプロセスで制作を行ったのでしょうか。『Tech総研』編集部は同社エグゼクティブプロデューサー兼吉完聡氏に直撃インタビューしました。

ドラコレの企画・ディレクション・プロデュースを手がけたのが、「ドラコレ」や「戦国コレクション」をはじめとしたKONAMIのソーシャルゲーム制作部門「ドラコレスタジオ」でエグゼクティブプロデューサーを務める兼吉完聡氏です。現在、ドラコレはもちろん、同社のソーシャルゲーム事業全般のプロデュースを担当しています。ソーシャルゲーム業界のキーマンとして注目を浴びている人物です。

ドラコレがリリースされたのは、2010年9月14日。兼吉氏が中心となって制作を始めたのは、それから数カ月前だったと言います。兼吉氏は、「『メタルギア』シリーズのようなコンシューマ系ゲームは、1つの作品に1~4年ほどかけるのが普通です。でもドラコレは、あえて数カ月という期間で仕上げることに挑戦しました。一般のソーシャルゲーム開発会社では、短期間でゲームを完成させるケースがほとんど。私たちも『ゲーム会社』という枠を取り払い、彼らと同じ条件で勝負したかったのです。また、ソーシャルゲームで成功するには、お客様が求めるものをゲームデザインとして、できるだけ短い期間で切り出すことが鍵。スピード感をもって制作を進めるべきだと考えました」と、短期間での制作についての経緯を語ります。

本レポートでは、同社の「ドラコレスタジオ」の設備や、兼吉氏の「ゲームづくりのプロ」としてのこだわりをさらに詳しくレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
(リンク »)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
(リンク »)

▼『Tech総研』Twitterアカウント
(リンク »)

▼リクルートについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――

エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リクルートの関連情報

株式会社リクルート

株式会社リクルートの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]