スカイアークが、Salesforceを活用したウェブサイト構築サービスと最新CMSを発表

株式会社スカイアークシステム 2012年05月30日

From ValuePress!

~ セールスフォース・ドットコムとコンサルティングパートナー契約を締結し、Salesforce連携機能を搭載した最新CMSを発表~

株式会社スカイアークシステム(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也、以下スカイアーク)は、ウェブサイト向けコンテンツ管理システム(CMS)の最新版「MTCMS Enterprise 5.31」にSalesforceアプリケーションとの連携機能を搭載し、2012年7月より出荷開始します。 (リンク »)

またこれに先立ち、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)とコンサルティングパートナー契約を締結し、Salesforceを活用したウェブサイト構築サービスの提供を開始します。

CMSインテグレーション事業を展開するスカイアークでは、コーポレートサイトなど不特定多数が閲覧する「パブリックサイト」、特定の顧客に対して提供する「カスタマーサイト」、代理店向けに提供する「パートナーサイト」、社内向けに展開する「イントラネット」と、ウェブサイトを4つのセグメントに分けてサービスを提供しています。特に「パブリックサイト」と「イントラネット」で実績を積み上げており、大手企業を中心にサービスを提供しています。
【参考URL: (リンク ») 】

このたび、SalesforceをCMSインテグレーション事業の中核として組み込むことで、従来のCMSが苦手分野としていた顧客情報を活用したウェブサイト、特に「カスタマーサイト」や「パートナーサイト」のような「顧客情報と連動したクローズドな会員サイト」の構築がより高度に行えるようになります。

「MTCMS Enterprise」に搭載されるSalesforce連携機能は、Salesforceに保存された様々なデータをウェブサイトに表示できるようにします。これにより、従来必要だったVisualforce※1の知識が不要となり、使い慣れたMovable Typeの開発タグ※2でウェブサイトを設計・構築できるようになることで、Salesforceのデータを活用したウェブサイト構築が行いやすくなります。

※1 Visualforceとは、Salesforceのアプリケーションにカスタムユーザインターフェースを作成するための機能。
※2 MTCMSのベースエンジン「Movable Type」のユーザーインターフェース開発言語

CMSとSalesforceの連携により、ウェブ経由での顧客情報の集積・管理、情報共有、および顧客との相互コミュニケーションを多面的に実現し、企業の営業・マーケティング活動をより強化することができます。たとえばウェブサイトのキャンペーンと連動したサイト構築、株主情報と連動したIRサイトの構築、コールセンターと連動したカスタマーサイトの構築、代理店向けの情報提供やコミュニケーションを強化するパートナーサイトの構築などの用途に利用できます。

スカイアークは、2012年1月より、ウェブサイトと商談管理の連動、受発注管理から勤怠管理にいたるまで、Salesforceを全面導入し、社内業務の効率を大幅に向上させてきました。自社で導入し、効果をあげてきた実績を強みとして、今後はSalesforceを組み合わせたウェブサイトの提案を積極的に行っていく予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社セールスフォース・ドットコムからの賛同コメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回の発表について、株式会社セールスフォース・ドットコム 専務執行役員 保科 実氏より以下のようなコメントをいただいています。

「セールスフォース・ドットコムは、スカイアークシステムとのコンサルティングパートナー契約締結を歓迎します。ウェブサイト向けCMSインテグレーションにおける豊富な実績と、社内でのSalesforce導入経験を持つスカイアークシステムとのパートナーシップにより、CMSと当社のサービスを相互連携したウェブシステム構築が可能となり、ウェブ経由での顧客情報管理やコミュニケーションがさらに拡張されるものと期待しています。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MTCMS Enterprise 5.31の主な機能強化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Salesforceのデータをウェブサイトに表示
Salesforceに保存されている取引先/リード/ケースなどの標準オブジェクトや、ユーザーが自由に追加できるカスタムオブジェクトのデータを、MTCMSから出力されるウェブサイトに表示することができます。これによりお客様は、従来必要だったVisualforceでの開発に限らず、MTCMSに搭載されるMovable Typeの開発タグでウェブサイトの設計・構築が行えるようになります。

■フォームからSalesforceへのデータ保存
MTCMSで作成されたフォームから、Salesforceの「リード」または「ケース」にデータを保存できるようになります。

■Salesforceとユーザーまたは顧客情報を連動
Salesforceに保存されているユーザーもしくは取引先責任者のデータを、MTCMSで作成されたクローズドなウェブサイトのログインに利用できます。これにより、ログインした顧客に応じて見え方を変えるなどの認証が実現できます。

■動的生成「DynamicViewer」の強化
従来実装されていたウェブサイトの動的生成機能をさらに高速化し、会員サイトをストレスなく閲覧できるようにしました。

※Salesforce連携機能は「MTCMS Enterprise」への標準搭載となります。「MTCMS Standard」にはオプション設定となります。
※連携機能の利用のため、Sales CloudまたはService CloudのEnterprise Edition・Unlimited Editionどちらかが最低1ライセンス以上必要となります。
※「MTCMS Enterprise 5.31」の製品ページおよびデモ動画は以下サイトをご覧ください。
<製品ページ>  (リンク »)
<デモ動画>   (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MTCMSについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「MTCMS」は、シックス・アパート社のウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」のCMS機能を強化するプラグイン・ソフトウェアです。中規模から数万ページの大規模サイトまで幅広い規模のウェブサイトを管理する「MTCMS Standard」、小規模から中規模のウェブサイト構築に必要となる機能を抽出して搭載したコンパクトなCMS「MTCMS Smart」、インストール数・ユーザー数無制限で利用できる「MTCMS Enterprise」の各ラインアップを提供しています。 (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社スカイアークシステムについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スカイアークは「Web Technology Integrator」をスローガンに、ウェブテクノロジーを利用したコンテンツ管理システム(CMS)構築、システムインテグレーションを提供しています。CMS・サーバー・ネットワークを中心に構成され、様々なウェブサイト・アプリケーションを設置できるWebプラットフォーム「SKYARC Web Platform」、およびシックス・アパート社のウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type 5」のCMS機能を強化するプラグイン・ソフトウェア「MTCMS」により、幅広い規模のウェブサイト構築・運営・管理を支援しています。 
URL: (リンク »)

※Movable TypeはSix Apart, Ltd.の登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社スカイアークシステム
担当者名:高野
TEL:03-5475-5101
Email: info@skyarc.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スカイアークシステムの関連情報

株式会社スカイアークシステム

株式会社スカイアークシステムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]