OKI、携帯向け3-Dセキュア認証サービス対応の「ActiveMerchant」を提供開始

沖電気工業株式会社 2012年06月27日

From JCN Newswire

Tokyo, June 27, 2012 - ( JCN Newswire ) - OKIグループでコンサルティングサービスおよびソリューション提供を行うOKIコンサルティングソリューションズ(社長:浅井 裕、本社:東京都港区、以下OCS)は、インターネットでのクレジット決済の本人認証を強化したサービスである3-Dセキュア(※1)に対応するMPI(※2)「ActiveMerchant(アクティブマーチャント)EnterpriseEdition(以下、ActiveMerchant)」の携帯電話対応と、「ActiveMerchant」の最新バージョンとなる「バージョン4」の販売を本日より開始します。

近年のインターネット商取引の普及・拡大に伴い、オンラインでのクレジットカード決済が広がる一方で、他人のカード番号を利用したなりすましによる不正使用被害の発生も増加しています。そのため、クレジットカード加盟店は、カード会員が安心して取引できるより安全な環境を整備する必要があります。その対策として、本人認証を強化したサービスである3-Dセキュアの利用が広がっていますが、これまでパソコンが中心で携帯での決済への対応が求められていました。

このたび、OCSはビザ・ワールドワイド・ジャパン(以下Visa、代表取締役:岡本和彦、所在地:東京都千代田区)、マスターカード・ワールドワイド(日本地区社長:ロバート・R・ルートン、所在地:東京都渋谷区)、および株式会社ジェーシービー(社長:川西 孝雄、本社:東京都港区)が携帯電話向け3-Dセキュア認証サービスを開始したのを受け、「ActiveMerchant」を携帯電話でのサービスに対応させました。また、すでに「ActiveMerchant」を導入済みのクレジットカード加盟店に対しては、携帯電話に対応するための技術サポートサービスを提供していきます。これにより、携帯電話を利用したオンライン・ショッピングでのクレジットカードのなりすまし使用をより確実に防ぐことができるようになり、消費者が安心して利用できるようにするとともに、加盟店における不正使用被害リスクを大幅に軽減することができます。

同時に「ActiveMerchant」の最新バージョンである「バージョン4」を本日より販売を開始します。クレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI-DSS(※3)へ対応し、セキュリティ基準への適合性を高め運用性を向上しました。

OCSは、今後とも安全で便利なインターネット決済に向けたサービス提供により、豊かで快適なインターネット社会への貢献をめざしていきます。

【販売計画】

<携帯向け3-Dセキュア認証サービス対応のActiveMerchant>
標準価格(税別):100万円より(携帯対応3-Dセキュアの開発・システム運用等に関する技術的なサポート、およびシステム試験環境の提供)
販売時期:2012年6月27日
販売目標:50社/2012年度

<ActiveMerchant バージョン4>
標準価格(税別):563万円より(無制限加盟店ライセンス)
販売開始:2012年6月27日
販売目標:50社/2012年度

【「ActiveMerchant」について】

「ActiveMerchant」は、3-Dセキュア認証サービスにおける加盟店向の認証プラットフォームで、3-DセキュアMPIに位置づけられる製品です。加盟店ECサイトに対して、3-Dセキュアに基づいた本人認証サービスである「VISA認証サービス」「MasterCard SecureCode」「JCB J/Secure」のサービスを簡単に組み込むことができます。2004年の販売開始以来、国内シェアNo.1の3-DセキュアMPIとしての導入・運用実績を誇っています。また3-Dセキュアに基づいた本人認証サービスは、社団法人日本クレジット協会より不正防止に向けて導入を推奨(※4)されております。

【用語解説】
※1 3-Dセキュア
オンライン・ショッピングの際、本人のクレジットカード番号と有効期限に加え、本人の専用パスワード等を、本人とカード発行会社の間でやりとりします。カード発行会社が直接本人確認を行うことにより、なりすましなどの不正取引を防止し、安全なクレジット決済を実現する認証の仕組みです。Visaが開発し、MasterCardやJCBでも採用されています。

※2 MPI(Merchant server Plug-In)
加盟店側のサーバーにプログラムを組み込むこと。「ActiveMerchant」は、3-Dセキュアのサービスに対応するため、加盟店サーバーに組み込みます。

※3 PCI-DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)
加盟店やサービスプロバイダーにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱うことを目的として策定されたクレジットカード業界のセキュリティ基準。

※4「インターネット上での取引時における本人なりすましによる不正使用防止のためのガイドライン」(社団法人日本クレジット協会):
URL: (リンク »)

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 (リンク »)

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 永野
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIコンサルティングソリューションズ 金融グループ
電話:03-5445-6015
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]