編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スマートデバイス対応の Webアプリケーション100%自動生成ツール 「Web Performer V1.3.0」を発売

キヤノンソフトウェア株式会社

2013-01-31 00:00

キヤノンMJ ITグループのキヤノンソフトウェア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤 高裕、以下キヤノンソフト)は、Webアプリケーション100%自動生成ツール「Web Performer(ウェブ パフォーマ)V1.3.0」を1月31日より発売開始しました。

「Web Performer」は、開発現場への生産革新を目指し「短納期」、「高品質」、「低コスト」をコンセプトに2005年から発売開始し、大手、中堅を問わず、企業内の開発部門やSIベンダーなど様々な分野の開発現場で250社以上の導入実績を誇るWebアプリケーション100%自動生成ツールです。発売以来、市場の動向やビジネスの変化に対応した機能を追加し、バージョンアップを重ねてきました。

「Web Performer V1.3.0」では、従来のPCから利用するWebアプリケーションの自動生成に加え、iPhone やiPad、Androidスマートフォン、タブレット端末から利用するWebアプリケーションも100%自動生成できるようになりました。これにより、Web開発者は、画面定義の際、「モバイル画面」と設定するだけで、従来のPC用Webアプリケーションの定義と同じ方法でスマートデバイスに対応したWebアプリケーションの構築が可能になりました。「Web Performer V1.3.0」は、オープンソースであるj Query Mobile(※)のGUI部品を活用しており、スマートデバイスのブラウザに最適化された画面や、フリックやタップといったスマートデバイス特有の操作をもったWebアプリケーションを自動生成できるようになりました。また利用者は、業務システムの利用範囲が大幅に拡充され、新しいワークスタイルにも対応することができます。

キヤノンソフトは、大手・中堅企業のIT部門やSIベンダーなどを中心に、2015年までに35億円(導入に関するシステム開発を含む)、累積400社の販売を目指します。なお、「Web Performer V1.3.0」の発売にあたり、3月6日(水)新宿・ハイアット リージェンシー 東京にて製品紹介セミナーを開催します。

このプレスリリースの付帯情報

Web Performer V1.3.0 概要図

用語解説

※ スマートデバイスのUI部品を提供するオープンソースのフレームワーク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]