編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

キヤノンとアドビ、電子文書セキュリティ分野でのグローバルな販売協業に合意

ZDNet Japan Staff

2009-09-29 15:09

 キヤノンとAdobe Systemsは、ドキュメントソリューション分野における販売活動においてグローバルで協業することに合意したと発表した。

 今回の両社の協業は、Adobe Systemsの電子文書セキュリティシステム「Adobe LiveCycle Rights Management ES(以下、LCRM)」と、キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE(以下、iR-ADV)」シリーズについて、全世界の販売活動において連携するというもの。

 iR-ADVシリーズは、紙文書をスキャンしてAdobe PDFの生成が可能なほか、Adobe PostScript 3プリントにも対応。生成されたPDFとLCRMを連携させることにより、紙から生成された電子文書やネットワーク上に生成される文書に対し、包括的なセキュリティ管理が可能になるという。

 本協業に基づき、キヤノンとAdobe Systemsは、官公庁や地方自治体、大手企業などの既存のLCRMユーザーに対しては、iR-ADVシリーズの導入を、キヤノンの複合機のユーザーに対してはLCRMの導入をそれぞれ推奨するなど、iR-ADVシリーズとLCRMを組み合わせたドキュメントソリューションの提供を強化する。日本国内におけるLCRMおよび関連製品の顧客企業への導入やシステム開発については、キヤノンソフトウェアが担当する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]