東芝ソリューション、自動感度設定機能を搭載したウェブ外観検査装置を販売開始

~業界初の自動感度設定機能を搭載することで、生産性を大幅に向上~

東芝ソリューション株式会社 2014年04月15日

東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:河井信三)は、フィルムや不織布などのシート製品製造業のお客様に向けて「ウェブ外観検査装置M9100自動感度設定機能搭載版」を本日より販売を開始します。
 今回販売を開始する「ウェブ外観検査装置M9100」は、CCD*1センサカメラと照明を使用し、フィルムや不織布、非鉄製品などのシート上に発生する欠陥検査を行うシステムです。
 従来のM9100シリーズに新たに強化された「自動感度設定機能(製品の幅方向に対し、最大64分割した個別感度の自動設定が可能)」を採用することで、製造ラインにおける表面状態の変動への追従精度が大幅に向上します。製品の良品ばらつきに自動で対応することで製品歩留まりを向上し、検査精度の向上と製品品質の安定性を確保することができます。
 またM9100の標準仕様、「自動調光機能」、「自動露光制御機能」と「自動感度設定機能」を組み合わせることで、初期パラメータ設定時間の大幅な短縮(従来の1/10程度の時間)が可能となり、多品種少量生産のラインでの生産効率向上に貢献します。


■「ウェブ外観検査装置M9100 自動感度設定機能」の特長
自動感度設定機能を追加したウェブ外観検査装置M9100には、以下のような特長があります。

・製品幅に対し、最大64分割した表面状態に最適な感度設定が可能
従来の検査装置では、製品の検査感度設定が製品幅に対し、各処理で1ないし2段階での判定値を設定し、検査を行っていました。製品の良品基準内に収まっているものの、地合い*2のばらつきが多いことにより、判定“しきい値”*3を甘く設定する必要がありました。今回強化した自動感度設定機能により、特定部分の感度を自由に設定することで、製品の検査精度をより厳しく設定した製品検査が可能になります。
本機能により、お客様の製品検査の効率化、良品ばらつきに対応した歩留りの向上などに貢献します。

  本システムはお客様の製造工程また検査対象・内容にあわせたさまざまなカスタマイズが可能です。

  自動感度設定機能を搭載した最小構成価格は1,200万円~(税別)、今後3年間で100台の販売を見込んでいます。

また、すでにウェブ外観検査装置M9100を導入されているお客様には、オプションとして機能追加も可能です。



※4月16日(水)から3日間、東京ビッグサイトで開催される「高機能フィルム展(フィルムテックジャパン)」 日特エンジニアリング(株)様ブースにウェブ外観検査装置M9100を出展いたします。

このプレスリリースの付帯情報

M9100外観検査装置概要

用語解説

*1 CCD  ・・・カメラの撮像素子
*2 地合い ・・・製品の表面状態
*3 しきい(閾)値・・・検査のために良品と欠陥を区別するための値

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]