IBM iのための文書化・配布ソリューション「CoolSpools」提供開始

IBM iユーザーの課題に応えた低価格で高機能なサービス

三和コムテック株式会社 2014年06月27日

三和コムテック株式会社(社長:柿澤晋一郎、本社:東京都港区)は、IBM のミッドレンジコンピュータシステムIBM iのための、低価格で高機能な文書化・配布ソリューション「CoolSpools」を6月から提供開始いたしました。

「CoolkSpools」はIBM iユーザーにおける下記のような課題に応えるソリューションです。
・出力結果を紙ではなくメールで素早く配布して、経営判断を迅速化したい。
・データベースに格納されている情報をExcelなどに変換して、IBM i以外でも多面的に利用したい。
・取引先にも必要な情報をメールで配布して、関係の強化、取引の拡大を図りたい。
・紙の出力をへらしてコスト削減したい。

「CoolSpools」はスプールファイル・データベースファイルをPDF、Excelなど様々な形式のファイルに変換し、Eメール等で配布します。 全ての処理をIBM iで行うので、PCや他サーバーは必要ありません。

「CoolSpools」は以下の4つの機能から構成されます。
●スプールコンバータ機能
●データベースコンバータ機能
●Eメール機能
●スプール管理機能

ライセンス価格は964,000円 (初年度保守料金を含む)で、次年度以降の保守料金は140,000円となります。

◆IBM iについて
1990年代を支える先進コンピューターであると同時に、中小型製品分野でのIBMのリーダーシップを目指すミッドレンジコンピュータシステムとして、1988年AS/400として誕生。2008年AS/400からIBM iに名称変更。昨年で25周年を迎え、現在においても全世界で利用されています。

◆三和コムテック株式会社について
グローバルな視点をもち、ユーザーのニーズにあった先端IT技術とソリューションを企業に提供することにより、ビジネスの繁栄に貢献する企業です。
製品として、事業継続(BCP)・災害対策/HAソリューション「MIMIXシリーズ」/「Double-Takeシリーズ」/「LaserVault Backup」、IBM iのセキュリティソリューション「iSecurity」、IBM i向けデータ遠隔保管ソリューション「IBM iデータ遠隔保管パック」、PCIDSSに完全準拠したWebサイト安全証明マーク「SCT SECURE」を販売するほか、ホストからのスマホ・タブレット活用ソリューション「KONA2」を販売、サポートしています。
所在地: 〒106-0032東京都港区六本木3-4-3 三和ビル
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

「CoolSpools」構成イメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

三和コムテック株式会社の関連情報

三和コムテック株式会社

三和コムテック株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]