【プレゼント実施中】実車のチーフデザイナーが本気でデザイン!CX-3ミニカー制作の裏側。(blogコンテンツのご紹介)

マツダ株式会社 2015年03月13日

From Digital PR Platform


マツダ株式会社(以下、マツダ)では、公式ブログ「Zoom-Zoom Blog」にて、マツダのクルマづくりへの情熱やスピリットをご紹介しています。

このたび、本ブログでは2/27に発売されたCX-3の「ミニカー」について、3/13付けで新たなコンテンツを発表しました。

ミニカーにもただならぬこだわりを見せるマツダ。“リアル過ぎるミニカー”制作の裏側に迫ります!!プレゼント企画も実施中ですのでぜひご応募ください!

■公式ブログ「Zoom-Zoom Blog」
(リンク »)

以下に新コンテンツの一部をご紹介します!

<引用・始>

~前略~

■実車のチーフデザイナーが本気でデザイン

まず知りたいのはこのミニカー、一体誰が作っているのかという点。

まずはデザイン。なんと「CX-3」実車本体のチーフデザイナー自らミニカーオリジナルのデザインをおこしています!単純に実車の図面をミニカーサイズに縮小してハイ生産、というわけではないんですね。

早速その張本人、CX-3チーフデザイナーの松田陽一さんに話を聞きました。

まずどんな想いでミニカーをデザインしたかをたずねると、

「一言でいえば極限までリアル。とことん細部まで実車と同じにすることにこだわりました。リアタイヤ周りのちょっとした面の流れ部分のラインが、実車とそっくりでしょ。これは、レギュレーション対応で実車に織り込んだ形状。そこまでミニカーでも再現するか?!と驚くレベルまで造りこみました。」

とのっけから熱い答えが返ってきました!

続けて、特にこだわった部分について聞くと、

「フロントの顔周りですね。ライトの発色や質感にも妥協せず、フォグランプのシールの貼り方は、表貼りと裏貼り、さらには、外観からは見えない内壁部に黄色のシールを張ることで、反射によりライト部の発色を実車のそれに近づけています。」

~中略~

■ミニカーが好き過ぎて家具職人からミニカー職人へ転身

面白いのはデザイナーだけではありません。制作担当者の堀本さんは、元々ソファーなどをつくる家具職人をしていたのですが、ミニカーが好き過ぎて、マツダエースに転職したほどの溢れるミニカー愛の持ち主。

「ミニカー制作の難しさは、なんといってもデザイナーのパッション溢れる表現(ズバーッと、スッと、グイッとなど)を、造形の言葉に置き換えるところにあります。“フェンダー強め”という言葉から、何を求めて、何が足りないから、その指示を出しているのか、その意図をくみながら、どう造形していくか考えます。」

~後略~

<引用・終>

続きはブログ本編から! プレゼントの応募詳細もこちらからご覧ください。
――――――――――――――――――――――――
【ミニカープレゼント】実車のチーフデザイナーが本気でデザイン!CX-3ミニカー制作の裏側。
(リンク »)
――――――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マツダ株式会社の関連情報

マツダ株式会社

マツダ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]