「失敗しないEAI選び」の基礎【第1回】別々のシステムをデータ連携するには

~超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」コラム~

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 2016年03月04日

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都新宿区北新宿、以下 マジックソフトウェア・ジャパン)は、”「失敗しないEAI選び」の基礎【第1回】別々のシステムをデータ連携するには”を公開しました。

###
こんにちは、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」で知られるマジックソフトウェア・ジャパンのマーケティング支援をしている吉政と申します。

今回から数回にわたり、EAIについて簡単に解説していきます。

さて、現在、EAI (Enterprise Application Integration) やWebサービスなど、技術の進歩により、システム間のデータ連携への取り組みがあちこちで進められています。システム間のデータ連携については、古くからIT業界では大きな課題として存在していました。

汎用系のホストシステム(メインフレーム)主流の時代から、WindowsやLinuxサーバなどのオープン系の時代に移り変わるとともに、ホストからサーバーへのデータ連携が必要とされました。その後も独自のシステムを保有する企業にとって、新しいプロダクトの登場に合わせて、旧来のシステムと新システムの間でのデータ連携は常に頭を悩ませる問題として立ちはだかってきたといっても過言ではありません。今回はそんなデータ連携とはどういったものか、なぜシステム間のデータ連携が必要とされているのか、データ連携が抱える問題などについて、ご紹介していきましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の関連情報

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]