編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

マジックソフトウェア、アプリケーション開発ツールの最新版

WebBCN (BCN)

2006-10-25 11:25

 マジックソフトウェア・ジャパン(石垣清親社長)は、アプリケーション開発ツール「Magic eDeveloper」の最新版となる「Magic eDeveloper V10」開発版を12月20日に出荷する。実行版とサーバー版も随時リリースする予定。

 最新バージョンでは、RDBとXMLをシームレスで統合する開発環境を提供すると同時に、ウェブサービス機能を大幅に強化した。また、バージョン管理機能などを新たに搭載し、開発時の安定性と生産性を向上させた。次期Windows OS「Windows Vista(ビスタ)」にも対応する。

マジックソフトウェア・ジャパン=http://www.magicsoftware.co.jp/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]