編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本ユニシス、PaaSの付加機能として「データ連携サービス」を追加

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-10 20:30

 日本ユニシスは11月10日、同社が提供する「SaaSプラットフォーム・サービス(PaaS)」に、新たに「データ連携サービス」を加えて販売を開始した。

 同社が2009年5月から提供しているSaaSプラットフォーム・サービス(PaaS)は、クラウドアプリケーションの開発、実行に必要なDMZ(DeMilitarized Zone)環境や管理機能を提供するPaaS(Platform as a Service)サービス。

 従来、クラウド環境と社内システムとの連携を実現するためには、個別に連携の仕組み(連携サーバの構築や連携方式の設計および開発、連携サーバと接続するためのアプリケーション改造)を構築することが必要だったという。今回、販売を開始する「データ連携サービス」では、こうした連携サーバの構築、運用が不要になるとしている。合わせて、多様な連携方式をサポートするため、クラウドコンピューティングの利用にあたって初期コストの削減とリードタイムの短縮を可能にするという。

 同サービスは、マジックソフトウェア・ジャパンのシステム連携ソリューション「Magic jBOLT」、日本ユニシスが提供しているICTホスティングサービス、SaaSプラットフォーム・サービスのネットワークセキュリティ機能をベースに連携基盤を構築し、提供を行うという。

 データ連携サービスの利用価格は、月額利用料が3万9000円から、初期費用は13万5000円からとなる(価格はいずれも税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]