編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日本ユニシス、PaaSの付加機能として「データ連携サービス」を追加

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-10 20:30

 日本ユニシスは11月10日、同社が提供する「SaaSプラットフォーム・サービス(PaaS)」に、新たに「データ連携サービス」を加えて販売を開始した。

 同社が2009年5月から提供しているSaaSプラットフォーム・サービス(PaaS)は、クラウドアプリケーションの開発、実行に必要なDMZ(DeMilitarized Zone)環境や管理機能を提供するPaaS(Platform as a Service)サービス。

 従来、クラウド環境と社内システムとの連携を実現するためには、個別に連携の仕組み(連携サーバの構築や連携方式の設計および開発、連携サーバと接続するためのアプリケーション改造)を構築することが必要だったという。今回、販売を開始する「データ連携サービス」では、こうした連携サーバの構築、運用が不要になるとしている。合わせて、多様な連携方式をサポートするため、クラウドコンピューティングの利用にあたって初期コストの削減とリードタイムの短縮を可能にするという。

 同サービスは、マジックソフトウェア・ジャパンのシステム連携ソリューション「Magic jBOLT」、日本ユニシスが提供しているICTホスティングサービス、SaaSプラットフォーム・サービスのネットワークセキュリティ機能をベースに連携基盤を構築し、提供を行うという。

 データ連携サービスの利用価格は、月額利用料が3万9000円から、初期費用は13万5000円からとなる(価格はいずれも税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]